保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2017年06月

秋華ちゃん卒業、そしてえりかちゃん卒業

こんばんは。
今日は、昨日来たばかりのチワワの秋華ちゃんにご縁があり卒業しました
そしてシーズーのえりかちゃんもご縁が繋がり、卒業しました

秋華ちゃん
shuka020.jpg
1日足らずのカフェ滞在で里親様が決まった秋華ちゃん。
里親様は今朝一番にお電話をくださっていました。
お電話での予約はできないので、来ていただいてからお話をさせていただく・・・。
それがカフェのルールです。
すると・・・1時半頃にカフェに来てくださいました。

実は、保護されてまもなくネットで秋華ちゃんを見つけてくださっていたそうです。
そしてずっと秋華ちゃんを追いかけておられて・・・。
川西に来たことを見つけてくださっていました。
そして、今日はお仕事を早めに切り上げて秋華ちゃんに会いにきてくださいました。
shuka012.jpg

お家にはヨークシャテリアの男の子と、昨年鶴橋店から引き取られたチワワちゃんがいらっしゃるそうです。
ご家族は5人。
ご家族でもう一頭ワンちゃんをお迎えしたいと思っていて探されていたそうです。
本来なら先住犬との相性を見ていただくことをお願いするのですが、秋華ちゃんはとってもおとなしくて他のワンちゃんも全然大丈夫。
そして先住犬のワンちゃん達もおとなしくてフレンドリーとのこと。
何より、里親様が保護犬についてもご理解も深く、優しくて素敵な方でした。

昨夜来たばかりの秋華ちゃんは血尿を出していたので、今朝病院で診察を受けたのですが、尿のPHが高く、ストラバイト(尿路結石)が見つかり治療を開始していました。
ご飯も療養食。
あまりご飯を積極的に食べるタイプではないため、色んな種類の試供品をもらってきていたところでした。

そのことをご説明すると・・・。
先住犬のワンちゃんも同じような症状で治療をされたご経験がありました。
なので「大丈夫」。
そう言い切ってくださったのです。

秋華ちゃんは本当に可愛いチワワちゃん。
shuka011.jpg
朝から引き合いのお電話も数件いただいていました。
すぐに里親様が決まるとは思っていましたが、1日足らずでの卒業となりました。

里親様、秋華ちゃんをいち早く見つけてくださり、お家の一員に加えていただいて本当にありがとうございました。
shuka010.jpg
色々お話をさせていただいて、里親様の暖かいお心に触れさせていただき本当に良かったです。
お近くなのでぜひ先住犬ちゃんと一緒に、またカフェに遊びに来てくださいね。
よろしくお願いいたします。

行先は尼崎市。
そして・・・新しい名前は 「ののはちゃん」 
のほほんとまったり過ごして欲しいから・・・とつけてくださいました。
ピッタリの名前ですね~。

shuka007.jpg
ののはちゃん、本当におめでとう

そして・・・
えりかちゃん
eri027.jpg
里親様は宝塚にお住いのお母様とお嬢様です。
まだえりかちゃんがカフェに来て間もないころ、初めてカフェに来てくださっていました。
その時は確か休日でカフェが混み合っていました。
川西店は他店と比べて、里親様対象のワンちゃんの数が多くは無く、混み合っているときはワンちゃんを抱っこできない場合もあります。
ですが、里親様にえりかちゃんを抱っこしていただくために置いた・・・。
そして長い事抱っこされていらっしゃった。
そう記憶しています。

えりかちゃんは抱っこが大好き。
一度お膝に乗ると、微動だにしません。
eri025.jpg
ファンも多く、たくさんのお客様に抱っこをしていただいていました。
でも決まることはありませんでした。

2~3週間たったころ、再度里親様がカフェに来てくださいました。
えりかちゃんの事を気になって訪ねてきてくださったのです。
でも、里親様は子供のころワンちゃんを飼っていた記憶があるけれど、ご自分でワンちゃんを飼うのは初めて。
えりかちゃんを可愛いと思うけれど、とても慎重でした。

その時も決められることはありませんでした。

そして今週の月曜日、お嬢様からお電話をいただきました。
お母様と一緒に、金曜日にカフェに伺ってもう一度お話をしたい。
とのことでした。

そして今日夕方、カフェに来てくださった里親様。
eri029.jpg
何度もお嬢様とお話をされたのだそうです。
ペットショップも見に行かれたのだそうです。
それでも、えりかちゃんがいい・・・。
お嬢様の意志は固かった、のだそうです。

なにより、お母様のお人柄に私自身が惹かれていました。
流されず、慎重で、それでいて優しさに溢れていらっしゃいました。
初めてワンちゃんを飼われる事に不安もおありだったと思います。
でも何度もお話しをさせていただいた中で思ったことは・・・。
このお家にえりかちゃんをもらって欲しい。
そう強く思いました。
eri026.jpg

その時カフェにいたお客様、ボランティアさん達が固唾をのんでえりかを見守っていました。
「えりかちゃんをお迎えしたい」
そう里親様が言葉を発せられた時、カフェ中が大拍手。
感動の涙で包まれました。

ワンちゃんを飼おうと思ってカフェに来られたわけではないのに、えりかちゃんと出会ってしまった。
気になって仕方がなかった。
だからまた会いに来た。
そう明かしてくださった里親様。

1か月半、里親様が決まらずにいた事も、この里親様に出会うためのストーリー。
あの時、里親様のお膝にえりかちゃんを置いた時から、運命は決まっていたのだと思います。
出会うべくして出会ったえりか。
最高の瞬間でした。

預かって来たときのえりかちゃんは毛が伸び切っていました。
eri021.jpg
あまりの伸びっぷりに毛をカットしてあげると、なんて可愛い顔!
更に、ボランティアさんがトリミングに連れて行ってくれたので、更に可愛くなりました。
eri024.jpg
こんなにあどけない顔立ちが隠れていました。
繁殖犬時代の事はもう過去。
今日からは大切に大切にしてくれる、オンリーワンの里親様のもとで、幸せに暮らしてくれることを祈っています。

eri032.jpg
里親様、えりかと出会ってくださってありがとうございました。
何度も来てくださってありがとうございました。
そして、たくさん考えて、たくさんお嬢様と話し合って決めてくださったこと、本当に感謝しています。
これからのワンちゃんとの生活をぜひ楽しんでくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして・・・えりかちゃんの名前は・・・
「ノアちゃん」 になりました
フランス語で「心地よい。歩き回るもの」という意味だそうです。
のほほんと、そして自由に動き回って欲しい・・・その願いを込めてつけてくださいました。

eri023.jpg
えりかちゃん、とっても素敵な名前を付けてもらってよかったね。
本当におめでとう

では。


スポンサーサイト

新メンバーが来ました(ワン66期生)

こんばんは。
今日、新しいワンちゃん66期生4頭がカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ゆめのちゃん ウェルシュコーギーペンブローク ♀  2014年4月26日生まれ(3歳) 12.8㎏ 色:セーブル&ホワイト
yukino003.jpg
川西初のコーギーちゃんが来てくれました
まだ3歳。
人懐こくて人間大好きちゃんの模様。
性格も朗らかそのもの。
yukino007.jpg
yukino008.jpg
オシリぷりぷっぷりで、ちょっとぽっちゃりさんですが、とってもすばしっこいです。
yukino001.jpg
独特の短い足で、フロアを歩いたり走ったり・・・と、とっても行動派
yukino006.jpg
可愛いですよ
yukino004.jpg


鈴子ちゃん 柴犬 ♀  2007年8月10日生まれ(9歳)  7.8㎏ 色:赤
suzu001.jpg
お久しぶりの、柴犬女子です。
7.8㎏と身体は小さ目。
suzu009.jpg
suzu002.jpg
綺麗な顔立ちと、澄んだ目・・・。
とっても美人さんです
suzu004.jpg
suzu007.jpg
好奇心は旺盛。今日はあちこち探索に余念がありませんでした。
大人しくて、今のところは全く鳴き声を聞いていません。
抱っこもさせてくれました。
suzu005.jpg
suzu003.jpg
でもおやつをあげても、不思議そうな顔をしているだけ・・・。
仲良くなれそうな予感です。

秋華(しゅうか)ちゃん ♀ ロングコートチワワ 2013年9月19日生まれ(3歳)  1.8㎏ 色:チョコタン&ホワイト
shuka007.jpg
shuka006.jpg
1.8㎏のとっても小さなチワワちゃん。
体型はコロンとしていて超カワ
shuka009.jpg
shuka008.jpg
お顔は小っちゃくて、ちょっとだけ出た舌がたまらなく可愛いです。
そして仕草も可愛くて・・・
shuka004.jpg
shuka003.jpg
どこを切りとっても可愛いちゃんの優等生。
もちろん抱っこも大好きです
shuka001.jpg

天馬(てんま)くん ♂ ロングコートチワワ 2008年4月25日生まれ(9歳)  2.1㎏  色フォーン&ホワイト
tenma004.jpg
tenma002.jpg
イケメンチワワ男子の天馬くん。
まだ初めてのフロアで怖くて、隅っこで立ちすくんで一歩も動けませんでした。
tenma006.jpg
でも大きなおメメはクリックリでラブリー。
tenma007.jpg
守ってあげてくなってしまいます。
抱っこは大好きなので、フロアでは引っ張りだこの予感です・・・
tenma005.jpg
tenma003.jpg
とにかく可愛いですよ


新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは9頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。

「カフェ募集メンバー」



保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。

またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

では。

アスカちゃん、みちるちゃん、揃って夕方卒業しました

こんばんは。
今日、マルチーズのアスカちゃんチワワのみちるちゃんの里親様が決まり、卒業しました

みちるちゃん
miti022.jpg
里親様は金曜日にカフェに来てくださったご家族です。
その時は、お母様とお嬢様が来てくださっていて、お嬢様のお膝にはみちるちゃんがいました。
お話をさせていたくと、ワンちゃんを飼いたいと前々から思っていて、以前もカフェに来られたことがあったそうです。
ただ・・・。
ワンちゃんを飼うにはご家族全員の同意が必要になります。
そのことをお伝えすると、お父様は反対では無いけれど、命の責任・・・つまりちゃんと飼うことが出来るかを心配されたいたようで、飼うならお父様とのお話合いが必要になる、とおっしゃられていました。
お父様にちゃんとお話をすること。
それがキーポイントでした

miti020.jpg
大切そうに、そして愛おしそうにずーっとみちるちゃんを抱っこしていたお嬢様でした。
その様子は見ていても微笑ましく、またお嬢様の強い意志を感じるほどでした。
そのお嬢様からお電話をいただいたのは、翌日土曜日の開店前の時間でした。
「父が大丈夫なら、みちるちゃんを引取ってもいいですか?」
もう一度来ていただいて最終確定しましょう・・・とお伝えし、そして、今朝一番にお父様とお兄さん、お婆ちゃんと一緒にカフェに来てくださったのです。
ご家族の皆さんでみちるちゃんを見てくださいました。
お父様ともしっかりお話をさせていただきました。
後は今日ご不在のお母様だけ。
一度帰られた後、お母様を伴って再度カフェに来てくださったお嬢様。
お母様曰く・・・「娘の意志は固かった」そうです。

木曜日の夜、カフェに来て震えていたみちるちゃんに、専用のお膝が出来ました。
miti023.jpg
みちるちゃんだけを見てくれる最強のお膝です
ワンちゃんとして生まれて来て、飼い犬として6年間一度も経験したことのない暮らし。
それは、優しいご家族に囲まれ、愛おしまれて暮らすことが出来る暮らしです。
miti019.jpg
過去など忘れ、大切にしてもらって幸せに暮らして欲しいと心から願っています。

里親様、みちるちゃんをお家の子にしてくださって本当にありがとうございました。
miti024.jpg
ご家族全員でみちるちゃんを見てくださった事、本当に嬉しかったです。
ぜひまた飼い犬になったみちるちゃんと一緒に遊びに来てくださいです。

みちるちゃんの行先は豊中市。
そして名前は・・・そのまま「みちるちゃん」です
みちるちゃん、おめでとう

そしてアスカちゃん
遂にアスカちゃんのお家が決まりました
asu012.jpg
この器量と3歳という若さなので、「すぐに里親様が決まる」と誰もが思っていました。
ですが不思議な事に、引き合いがありませんでした。
可愛い・・・と言ってたくさんの方に可愛がってもらっていましたが、決まることがありませんでした。
asu010.jpg
アスカはきっと自分の里親様を待っているだけなんだ・・・。
そう思い、その時を私達も待っていました。
カフェに来てちょうど今日で1ヶ月。
その時がやって来ました

里親様は明石市から、今日朝一番でカフェに来てくださったご夫婦です。
「アスカちゃんを見に来ました」
そうおっしゃってアスカと過ごしてくださっていました。
お客様が来られる度、勢いよく鳴いているアスカを、笑ってみていらっしゃいました。
asu011.jpg

しばらくしてお話をさせていただきましたが、私の話にひとつひとつ頷き真剣に耳を傾け聞いてくださってる里親様でした。
こんな優しいお人柄、素敵なご夫婦にアスカを託したい・・・。
そう思ったのですが、里親様には2頭の先住犬がいらっしゃいました。
アスカは甘えたさん。
そして意思表示もはっきりしています。
先住犬との相性は気になるところでした。
そのことをお話しすると・・・。
「今日、連れてこようかと思ったのですが、まずは私達が見てからと思い置いてきました」
残念・・・。

平日はカフェに来ることは難しい、とのことでした。
来週までアスカがいるかどうかはわかりません。
悩まれた末・・・今から一度帰ってワンちゃん達を連れて来ます・・・とおっしゃったのです。
お家は明石市。
普通なら片道2時間コースです。

そのお気持ちが嬉しく、本当に嬉しくて・・・。
泣きそうになりました。

夕方、先住犬のココアちゃん(パピヨン)、プリンちゃん(チワワ)を伴って戻ってきてくださいました。
予定よりかなり早かったので、お車を飛ばしたのでは、、とお聞きすると、
中国自動車道と使われたとのこと。
渋滞もなくスムーズだったそうです。

さっそく相性を見させていただきましたが・・・。
全く問題ありませんでした。
何故なら、先住犬ちゃん達は自由だったからです。
人見知り、犬見知りなし。
フロアを楽しそうに走り回っていました。
もし何かあっても、このご夫婦なら絶対大丈夫。
そう確信させていただけるものが、ご夫婦に溢れていました。
asu015.jpg
↑ご契約中の里親様のお膝で興味津々のプリンちゃん

お散歩は里親様のお母様が行ってくださるそうです。
楽しく賑やかなお家・・・。
アスカちゃんにピッタリだと思います。

アスカ、良かったね。
素敵なお家が出来たよ
おめでとう

里親様、明石とカフェを2往復してくださってありがとうございました。
asu013.jpg
アスカを気に入ってくださり、お家の子にと思ってくださるお気持ち、しっかり伝わりました。
本当に感謝しています。
出会っていただけて本当に良かったです。
遠いので来ていただくことは難しいかもしれませんが、時折近況をお知らせいただければ幸いです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
asu014.jpg

そして・・・アスカちゃんの名前は・・・
「クルミちゃん」になりました。
先住犬のココアちゃん、プリンちゃんと並んで、とっても美味しそうです(笑)


では。


ソランくん卒業、レンちゃん卒業

こんばんは。
今日は一昨日夜来たばかりのボストンテリア、ソランくんの里親様が決まり卒業し、そしてミニチュアダックスフンドのレンちゃんが無事卒業しました

ソランくん
sora012.jpg
里親様は山口県から来てくださったご夫婦です。
昨日、お電話をいただいていました。
「ソランくんはいますか?」

実は、ソランくんが先週まだ鶴橋店でいた時にお電話でお問い合わせをしてくださっていたそうです。
その時、一件引き合いがあったとのことで、山口県からわざわざ来られても決まっていることもあるので、再度昨日お電話で確認をされたとのこと。
そしたら、川西店に移動していたので、うちにお電話をくださったとのことでした。

ソランくんはその時、前日の夕方来たばかり。
もちろん川西にいました。
sora009.jpg
その事をお伝えすると、里親様はその日の夜山口を出て、夜中車を走らせて川西に向かい、ソランくんに会いに来られるとのことでした。
以前も大阪で保護犬をお家に迎えたことがあるそうです。
なので、保護犬についてのご理解は既にお持ちでいらっしゃいました。
blogをされていて、それを見ていただければわかっていただけると思う・・・ともおっしゃってくださっていました。

ソランくんは右目が赤く腫れ、涙を流していました。
ミネルバ動物病院で診察を受けたところ、目に穿孔した傷があり、角膜浮腫が起こっていました。
夜、血が混じった涙を流していたので、再度昨日受診。
目薬を3種類、飲み薬を1種類もらっていて治療していました。

そのことをお伝えしたところ、引き取らせていただいたら、すぐに病院で診てもらい治療をさせていただきたい・・・。
そう言ってくださっていました。
ただ、お家には先住犬がいらっしゃるとのことでしたので、連れて来ていただいて相性を見ていただければ、とお伝えすると・・・。
もちろん一緒に連れていきます、と言ってくださいました。
先住犬はシーズーの1歳の男の子。
お会いするのが楽しみでした。

お約束どおり、今日朝一番、先住犬の小太郎くんと一緒にカフェに来てくださった里親様。
想像したとおりの、穏やかで優しい雰囲気をまとわれていました。
ご主人のTシャツには、以前飼っていらっしゃったワンちゃんがプリントされていて・・・。
sora013.jpg
少し胸が熱くなりました。
(上記の卒業写真にはワンちゃんが3頭いるようでした)

小太郎くんは、怖いもの知らず。
まだ1歳で興味津々。
カフェにいるワンちゃん達に寄って行っては、ガルガルされたりして、それでもとっても楽しそうでした。
肝心のソランくんとも楽しそうでした。
男の子同士なので少し荒くなるところもありましたが、ご夫婦で見守られ、
「大丈夫です!」
と言ってくださいました。
私も、何があっても絶対に大丈夫だと思いました。
ご夫婦から、不思議な安心感を感じさせていただきました。
私にとってとても大切なことでした。

果たして、川西滞在たった2日でソランくんのお家が決まりました
sora011.jpg
ご主人の仕事場もお家のすぐ近く。
何かあってもすぐに帰ってこれる場所だそうです。

里親様、遠いところから夜中車を走らせて、ソランくんに会いに来てくださってありがとうございました。
sora014.jpg
ワンちゃん達を想うお気持ちが暖かくそして優しい心で溢れていらっしゃること。
お会いできて、ソランくんを託させていただけて、本当に良かったです。
これからのソランくんを、どうかよろしくお願いいたします。

ソランくん、おめでとう
会ってまだ2日も経っていないうちにお家が決まったけれど、ソランくんの存在感は大きかったよ。
あどけない顔立ち。
無邪気さ。
人が大好きで、まとわりついてくれたこと。
可愛くて大好きだったよ。
sora010.jpg
遠く離れた山口県に行ったけど、これから楽しく、幸せにくらしてね。

ソランくんの新しい名前は・・・ 「イギーくん」 になりました


そしてレンちゃん
re018.jpg
無事お迎えが終わり、卒業しました

re016.jpgre017.jpg
里親様は赤い首輪とリードを持ってお迎えに来てくださいました。
赤い首輪を付けたレンちゃん。
生まれて初めて飼い犬になった瞬間でした。

来た時から、名前を呼ぶと寄って来てくれました。
来た時から、大物でした。
物怖じすることもなく、自由にフロアを走り回っていたレンちゃん。
「自由やね」
みんなでそう言っていました。
お客様が入口に来られると、ももちゃんと一緒にワンワンと大きな声でお迎えしていました。
re022.jpg
人が大好きで、抱っこも大好き。
re015.jpg
愛されキャラでした

そのレンちゃんに新しくつけてもらった名前は・・・
「シャルちゃん」。
ドイツ語のシャルロッテを短くしてつけてくださいました。
意味は・・・「自由なもの」だそうです。
まるで私達の言葉を聞いてくださったかのような名前、シャルちゃん。
本当におめでとう

里親様、シャルちゃんの事、どうぞよろしくお願いいたします。
re020.jpg
お近くなので、またぜひカフェに遊びにきてくださいです
シャルちゃんの行先は川西市です。
re021.jpg

ではまた。

レンちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日ミニチュアダックスフンドのレンちゃんの里親様が決まりました。
re013.jpg
里親様は昨日、カフェに来てくださったお母様とお嬢様です。
以前も一度、カニヘンダックスのミニチビ姉妹がいた頃カフェに来られていました。
今回は、お嬢様がネットでレンを見つけてくださって、すぐに行動して見に来てくださいました。

「可愛い」
そう言ってしばらくの時間、レンちゃんと過ごしてくださった里親様。
保護犬の事、繁殖犬の事をご説明し、既往症についてもお話しさせていただいている間、真剣に耳を傾けてくださっていました。

でも、お家には甘えん坊の4歳になるミニチュアダックスの男の子がいる・・・。
そうおっしゃったので、ぜひ相性を確かめてほしい。
そうお伝えしました。

そして翌日の今日、早速先住犬のアーモくんを連れて来てくださいました。
アーモくんはとっても元気印のイケメン男子。
ワンちゃんが大好き過ぎて、遊んで欲しくて寄って来てくれるのですが、勢いが良すぎて・・・(笑)
みんなにガルガルされていました。
でも、お母様に抱っこされるレンちゃんにはちょっかいをだしていませんでした。
re014.jpg

レンちゃんがお家に慣れるまで・・・言い換えれば元気過ぎるアーモくんと上手くいくかは、少し里親様のフォローが必要になるかもしれない・・・なので、お嬢様と良くご相談をしてから・・・そう正直にお話しさせていただきました。

どのワンちゃんでも先住犬との相性は気になるところです。
カフェに連れて来てくださった時は、先住犬にとってはアウエー。
本来の自分を十分に発揮できないことも多々あります。
ただ私は、最悪の相性だけは見てあげれる場所であると考えています。
噛んだり、牙をむいたりするようでは、なかなかお勧めできないと思います。

多くの場合は、最初はよそよそしくても、最悪の相性出なければ、時間を掛ければ仲良くなってくれる場合がほとんどだと思います。
ただ、どの場合もやはり里親様が寄り添い、先住犬と新しく迎えてくださるワンちゃんとを見守っていただく必要性は重要。
そのことを十分にご理解いただきたいと考え、今回もそのことをお話しさせていただきました。

そして充分にお話し合いをされて、出していただいた結論は・・・「引き取らせていただきたい」とのことでした。

良くお聞きすると、お嬢様はずっとお家にいらっしゃるそうです。
お嬢様がお留守の時はお母様が交代でお家に在宅。
「留守番をさせることは無いです」
そう言ってくださいました。
またご家族は3人。
ワンちゃんは2頭。
お膝の数は足りています。

「ぜひ、レンちゃんを見守りながら、アーモくんとの仲を縮めていってあげてくださいね」
そうお願いしました。
re010.jpg

里親様も里親様のお嬢様も本当に動物が大好きだそうです。
昨日と今日、お話をさせていただいた際にも、その優しいお人柄が伝わってきました。
きっと見守り続けてくださる・・・そう思いました。
何よりレンをとっても気に入ってくださっています。
今日も、ずっと抱きしめて
「本当に可愛い」
そう言ってくださっていました。

レンちゃんの卒業は明日(日曜日)。
お昼ころお迎えにきてくださるそうです。

来た時から大物で自由でフレンドリーだったレンちゃん。
そして寂しがり屋で甘えたのレンちゃん。
re009.jpg
お家が決まって良かったね。
おめでとう

では。

新メンバーが来ました(ワン65期生とニャン2期生)

こんばんは。
今日、新しいワンちゃん65期生2頭と・・・ニャンコ2期生2頭がカフェに仲間入りしました~
特にネコちゃんは1年と11ヶ月ぶりに2期生がやって来ました
早速ご紹介しますね~


ワンちゃん
みちるちゃん ♀ チワワ 2011年生まれ(推定6歳)  2.3㎏ 色:チョコ&クリーム
miti007.jpgmiti004.jpg
2.3㎏のちっちゃなチワワちゃんです。
色はチョコ&クリーム。
とにかく可愛くて、愛くるしいベビーフェイスに見ているだけでキュンキュンさせられてしまいます
miti006.jpgmiti003.jpg
名前を呼ぶと、振り向いて尻尾をフリフリ
目があっても、尻尾をフリフリ
でも性格はおっとり系。
miti001.jpg
ポヨヨンとした感じがとってもほのぼのした、抱っこ大好きな女の子です

ソランくん ♂ ボストンテリア 2014年6月30日生まれ(2歳)  8.8㎏  色ボストンカラー
sora008.jpg
久しぶりのボストンテリアの男子です。
身体は大きいですが、性格温厚。
犬も人も大好きで、とってもフレンドリー。
sora003.jpgsora007.jpg

今日は興味津々でフロアを探索していました。
そしてひょうきんでラブリーな鼻ぺちゃフェイス。
sora006.jpgsora005.jpg
誰からも可愛がってもらえる事間違いナシです

ネコちゃん

コロネちゃん ♀ アメリカンショートヘア 2010年8月7日生まれ(6歳)  2.9㎏ 色:ブラウンタビー
coro001.jpgcoro003.jpg
仕草はまるで子猫ちゃん。
遊び大好きです
coro006.jpgcoro010.jpg
初めてのネコ部屋で無邪気な顔を見せてくれたコロちゃんは、人懐こくて活動的。
まるで前からカフェにいたかのようです。
coro007.jpgcoro008.jpg
手を出したら、ペロペロもしてくれました。
キャットタワー、ネコ部屋、フロア・・・。
どこでも自由奔放な可愛いネコちゃんです。
coro011.jpg

メアリーちゃん ♀ スコテッィシュホールド 2011年6月生まれ(6歳)  2.5㎏ 色:キャリコ
mea010.jpg
今年6歳の女のニャンコちゃん。
性格はおとなしい穏やかなメアリーちゃん。
mea008.jpgmea004.jpg
コロちゃんとは正反対で、今日はネコ部屋のケージから一歩も動きませんでした。
まだ、新しい環境に馴染むまでは少し時間がかかるかもしれませんが、なでなではさせてくれました。
控えめでおっとり。
mea002.jpgmea001.jpg
とっても可愛いですよ


新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは9頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。

「カフェ募集メンバー」



保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。

またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

では。


ベティちゃん、肺に転移してしまっていました

おはようございます。
bety0010.jpg
昨日はベティちゃんにたくさんの元気玉をありがとうございました。
心から・・・本当に心から感謝しています。

ですが・・・・・・・・・・・・。
とても辛いご報告をしなければならなくなりました。

昨日、手術のご報告を今か今かと待っていて、
そして里親様からのお電話がかかってきたのがちょうど14:00。
その内容は・・・

術前検査で肺への転移が認められた。
若いので進行が速かった。
断脚をしてもしなくても、余命は2~3ヶ月。
断脚することで体力を奪われたり、メスを入れることで進行が早まることを考慮し、家族で相談して残りわずかな命であるならば五体温存を決断した。

というものでした。

なんてむごいことなのか。
病気の前ではなんて無力なのか。

絶句でした。
言葉が出てきませんでした。
やっとつかんだ幸せなのに・・・。

ですが、この電話をかけて来てくださった里親様のお心は私の比ではなかったと思います。

痛みはモルヒネで出来るだけ緩和してもらうそうです。

ナナの事が頭をよぎりました。
余命宣告はなんて残酷で辛いものなのか。

それでも、
たとえ短くても、
過ごす残りの生活が、温かなご家族に囲まれたものであるならば
この世に生まれて来て良かったのだと
そう思いたいです。

残りのベティちゃんの生活が、出来るだけ穏やかであることを祈ります。
出来るだけ痛みがありませんように。
最後までゴキゲンでありますように。
楽しい思い出が作れますように。

その後送って来てくださったベティちゃんの画像です。
IMG_4631.jpg
「何も知らずにベッドに入っています。お昼ご飯をお腹いっぱい食べました。泣けてきました」

引き続きベティちゃんに、そして里親様と里親様のご家族にも元気玉を送り続けていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

卒業生のベティちゃんに元気玉を送ってください

おはようございます。
皆さんに辛いご報告があります。
今週初めに里親様からご連絡があり、4月19日に卒業したミニチュアダックスフンドのベティちゃんに病気が見つかってしまいました。
bety1.jpg

卒業する少し前、お客様のお膝から飛び降りてしまい、左前足をビッコ引いていたベティちゃん。
その時病院に連れて行って診察を受けたのですが、捻挫と診断されていました。
その後、里親様が決まり卒業したのですが、足はビッコを引いたままの卒業でした。

里親様も引き取っていただいてから、病院を受診して治療をしてくださっていたのですが・・・。
なかなか足の状態が良くならず、再度レントゲンを取り、その時骨の変形が初めて認められ、細胞診などでわかったこと。
病名「骨肉種」。

恐ろしい病気、骨の癌です。
生存率も低く、肺に転移することで命を落とします。
何より痛みがひどく、鎮痛剤が効かず、安楽死を選ぶことも多い・・・。
調べたネット情報にそう書いていました。
あまりにむごいその情報に凍り付いてしまいました。

老犬に多く、大型犬に発症することが多い・・・。
そう書いている情報も、頭の中をぐるぐる回るだけでした。
ベティちゃんはまだ5歳だったからです。
bety0006.jpg

幸いベティちゃんは肺への転移はまだ無いとのこと。
今のところ、食欲も旺盛なのだそうです。
1日でも長く一緒に居られるようにと、里親様が獣医師と相談して決められた治療は・・・。
断脚。
そして抗がん剤治療や放射線治療を行うそうです。

里親様はプラス思考。
長く生きれることを信じてくださっています。
なら私も、悲観的にならずにベティちゃんの事を見守ろうと思いました。

その断脚手術は今日。
川西市内の病院で行われます。

このblogを見てくださった皆様にお願いがあります。
ベティちゃんに元気玉を送っていただけないでしょうか。
川西秘伝の元気玉が、効力を発揮したことが今までも何度かありました。
たった5歳。
やっとつかんだ安住の地。
引取っていただいてまだ2カ月弱。
それまでもカフェにいるときには乳腺腫瘍の手術を頑張りました。

これから幸せに暮らしていけるはずのベティちゃんが背負った十字架を、どうしても跳ね返してあげたい。
無力な私が出来るたった一つの願いです。

皆さんの想いが神様に届くきますように・・・。
ベティちゃんに届きますように・・・。
少しでも長く生きられますように・・・。
bety0009.jpg

どうぞ、どうか、よろしくお願いいたします。


しまこちゃん無事卒業しました

こんばんは。
今日、無事猫のしまこちゃんが卒業しました
しまこ041

里親様はしまこちゃんにお手製の首輪を持って来てくださいました
しまこ038
カフェに来て約2年。
初めて首輪を付けたしまこちゃん。
しまこ039
大感動の瞬間でした。
こんな日が来るとは・・・。

カフェを始めてからずっとネコ部屋を守ってくれていたしまこちゃん。
しまこ033
大勢のニャンコファンを癒してくれたしまこちゃん。
しまこ037
甘えん坊のしまこちゃん。
眼光が鋭いけれど、本当に可愛い鳴き声だったしまこちゃん。
しまこ036
呼びかけると、必ずお返事してくれたしまこちゃん。
しまこ029
食いしん坊のしまこちゃん。
ナナが残したご飯をいつも綺麗に平らげてくれたしまこちゃん。
しまこ031


いつもはまったりとした平日の朝、たくさんのボランティアさんと常連のお客様が、しまこの卒業に立ち会ってくださいました。
拍手の中、見送られて卒業していったしまこちゃん。
しまこ042-1
長い間、本当にありがとう。
そしておめでとう

帰られてから、いただいたメールに映っていたしまこちゃん。
しまこ044
最初はキャリーバックから出てこなかったそうですが、しばらくしてドームクッションに篭り、その前にお皿を置いたら首だけ出して、おやつもご飯も食べたそうです。
さすがしまこちゃん
お家に慣れるのも、そう遠くないと思います。

里親様、たくさんのネコがいる中で、しまこちゃんを選んでくださって本当にありがとうございました。
初めてお会いした時、実は半信半疑でした。
本当にしまこちゃんで大丈夫なのかと・・・。
もっと可愛いネコちゃんがたくさん世の中にはいます。
年も8~9歳。
純血種も溢れるくらいいて、子猫もそれはそれはたくさんいます。
そのことをお聞きした時に言ってくださった言葉。
「ご縁」

以前にも子猫をお迎えする機会があったけれど、繋がらなかった。
たまたま辿りついてくださったこのblogでカフェの存在を知ってくださった。
そして、このカフェからお迎えしたいと思ってくださったこと。
そして、しまこちゃんに出会って可愛いと思ってくださったこと。
そして・・・。
何度も何度も何度も何度も、しまこちゃんを可愛いと言ってくださったこと。

しまこ043
こんなご縁があったのですね。
すべてが嬉し過ぎで、感無量の一言です。
ほんとうにありがとうございました。

誕生日が無かったしまこちゃんに誕生日を作ってくださった里親様。
その誕生日は、里親様と同じ誕生日でした。
これからしまこちゃんは、里親様と同じ日に年を重ねて行きます。
しまこ032

しまこちゃんの行先は宝塚市。
そして名前は・・・そのまま 「しまこちゃん」 です
(名前もとても気にいってくださっています)

では。

しまこちゃんの里親様が決まりました!

こんばんは。
今日、ネコのしまこちゃんの里親様が決まりました

しまこちゃん
しま022
今日、しまこちゃんの里親様が決まりました。
里親様は最初、このblogを見て5月中旬にカフェに来てくださいました。
その時、ネコ部屋には闘病中で入院中のナナちゃんと、しまこちゃんの2頭がいました。
私のお休みの火曜日でしたので、スタッフのNさんが対応。
メールでその様子を知らせてくれていました。

その数日後、お電話をいただきました。
「今日、しまこちゃんに家族で会いに行ってもいいですか?」
その時、ナナが入院から帰って来ていて、ネコ部屋閉鎖中でした。
「来ていただいても、ネコ部屋にお入りいただく事が出来ませんが、それでもよろしければ・・・」
そうお答えしたのですが、夕方ご家族全員でしまこに会いに来てくださいました。
しま014

動物を飼うのは全くの初めて。
でも、ご家族全員が穏やかで動物好きのご一家。
そんな印象でした。
ガラス越しに、ご家族でしまこちゃんを見てくださいました。
一番下の息子さんが、もしかしたらアレルギーかもしれない。
そのことが不安材料とのことでした。

そして更に数日後・・・。
里親様のお母様がカフェに来てくださいました。
手には息子さんのアレルギー検査の結果を持って・・・。
「アレルギーありませんでした!」
そうおっしゃった時の表情を今でも忘れることができません。
本当に嬉しそうに言ってくださったからです。
なにも不安が無くなって、しまこちゃんをお家に迎えられる喜びにあふれていらっしゃいました。
「本当にしまこちゃんが可愛い。可愛くてしかたがない。
 お家にお迎えしてもいいですか?」
そう申し出てくださったのです。
しま002

ただネコ部屋には病気と闘っているナナがいました。
余命わずか。
最初から一緒に暮らしていたしまこがいなくなると、ナナ気落ちしてしまわないかが気になっていたため、もし出来るならばナナが虹の橋を渡るまで待っていただけないか・・・。
恐る恐るお聞きすると・・・。
「私もそう思っていました」
そう応えてくださったのです。
すべてを私に任せてくださいました。
5月26日のことです。

川西のネコちゃんの里親様募集中は1頭だけ。
選択肢が無い中、しまこちゃんをお家に迎えてくださること。
何度も「しまこでいいのですか?」
とお伺いさせていただく度、
「しまこちゃんがいいのです」
そう言ってくださいました。
可愛くて可愛くてしかたがない。
そう言ってくださいました。
しま017

お家は一軒家。
ご主人は一級建築士でいらっしゃるそうです。
お家をしまこ仕様にしてくださることを計画中だそうで、ニャンコ憧れのキャットウォークも夢ではありません。

「どこで爪をといでも大丈夫です」
「絶対に絶対に大切にします」
「絶対に幸せにします」
「本当に嬉しいです」

熱いものが込みあげてくるのを抑えられませんでした。
自分でも信じられない気持ちでした。
もしかしてこれは夢ではないか?
何度も頬をつねっていました。

しま020
しまこ、2年待った甲斐がありました
絶対に絶対に幸せになれるお家です。

今日、正式にご契約。
最高の里親様が決まりました。
既にお家にはキャットタワーを設置済。
準備は整っていらっしゃるそうです。


しまこちゃんはネコ1期生。
2015年7月21日、カフェがオープンする2日前にカフェに来たネコちゃんです。
先日お空に旅立ったナナちゃんと同期。
そして2015年12月に里親様が決まって卒業したピーコちゃん(現さんごちゃん)と同期です。
飼育放棄で預かってから、約2年間もの間、カフェのネコ部屋にいました。

最初カフェに来たときは他のネコちゃんと同様、環境の変化に戸惑い、緊張し、ご飯も食べず、水も飲まず怯えていました。
しま007
隔離のケージの中のさらに隅っこで小さくなっていました。
3日間、水もご飯も食べず抵抗。
脱水症状を起こし、病院に連れていって点滴をしてもらいました。
他のネコちゃんも同様でした。

ご飯を食べて、水も飲んで、ウンチをしたらネコ部屋に・・・。
そう思っていたところ、ご飯を食べ、水も飲み、ウンチもしたしまこちゃんが1番先にネコ部屋にデビューしました。
ですが・・・。
しま008
せっかくのネコ部屋でもキャットタワーの一番上に登ったきり、降りてきませんでした。
「しまこちゃ~ん。お願いだから降りて来て~」
呼びかけに応じて降りて来てくれたのは、多分1週間が過ぎたころだったと思います。

ネコ部屋に3頭が揃ったのはオープンして1か月経っていました。
しま025
しま015
それから約2年もの間、ネコに会いに来てくださったお客様を一手に引き受け頑張ってくれていました。

顔は強面。
鳴き声は子猫のように可愛いしまこ。
しま027
その強面も、時が経つにつれ可愛い表情を見せてくれるようになっていきました。
しま001
ワンちゃんがいない朝のフロアと、ワンちゃんがケージに入った夜にフロアに出してあげると、楽しそうに、また甘えた声を出してフロアをエンジョイしていました。
しま003しま006
しま023しま021

でも、本来のネコちゃんの生活とは程遠いものでした。
だから、今回里親様が決まったこと。
そのお家が一軒家であること。
しまこちゃんでもいい・・・のではなく、しまこちゃんがいいと言ってくださったお家に、望まれて、待ちわびてもらって行かせてあげることが出来たこと。

奇跡の様です。
温かいご家族に包まれて、残りの余生を過ごすことが出来ると考えるたび、胸がいっぱいになります。
しまこ、おめでとう
本当に本当におめでとう。
しま028


卒業は金曜日。
12時ころの予定です。

では。