FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

千代ちゃんの卒業

こんばんは。
今日、スコティッシュフォールドの千代ちゃんにとても素敵なご縁が繋がり、卒業となりました



千代ちゃん。
愛称お千代ちゃん、またはお千代はん。
少し懐かしいような響きのこの名前を、川西では親しみを込めてそう呼んでいました。
お千代はネコらしいネコです。

抱っこは嫌いで、構って欲しくないオーラ。

自由でおおらか。
日中はずっと寝て過ごしていて気配まるでゼロ。

夜になるとおもむろにフロアに出てきて、自由気ままに遊びました。


もこもこ長毛のお千代は歩くとまるで大きな毛玉が動いているよう。

テンションハイな時はフロアの端から端までをまるでうさぎさんのようにぴょんぴょん跳ねることもありました。

そして控えめながら、気が付けば事務作業をしている私の足元にひっそりと座っていました。

何より好きなのは・・・。
レジ袋。


見ると入らずにはいられない様子(笑)
それが可愛くて何度シャッターを切ったことでしょう。
寝てばかりいるお千代からは絶対に想像できない姿でした。

そんなお千代に、私は特別な思い入れがあります。
保護は昨年3月。
その後、色々な店舗を転々として6月22日。
最後にたどり着いてくれた場所が川西でした。
お千代を受け入れた時に強く誓ったことがあります。

来た時は眼瞼と鼻周りが酷く赤くただれたようになっていました。
毛もバサバサ。

小汚いボロボロのその姿に胸がつぶれそうでした。
それと同時に愛おし過ぎるほどかわいいお千代でした。
ペットショップ保護と書かれていたプロフィール。
売れなくて、保護された当時は7歳。
狭い空間にいたであろう不自由さや淋しさを十分すぎるほど纏っていました。

だから・・・。
絶対にここで最高のお家を見つけてあげるから・・。
私はそうお千代に誓ったのです。

千代は保護されてすぐ、昨年の4月に乳腺腫瘍を手術してもらっていました。
その検体を残してもらっていたので、それをもらって来て病理に出しました。
猫の乳腺腫瘍はほぼ悪性であることも知っていました。
それでも本当の事を知りたいと思いました。
それは預かった私の覚悟でした。
また赤くただれた眼瞼も治るのであれば治してあげたい。
鼻水も出ていて苦しそうでした。
そして血液検査の結果、好酸球数値が18。
通常の7~9倍の数値。
ひどいアレルギーだったのです。
すぐさまステロイド治療を開始しました。


見た目は大切です。
だから薬が効いて欲しい・・・。
祈るような気持ちでした。
そして‥約1週間後・・。
薬が効いて眼瞼の赤みが消え始めた時どれほど嬉しかったことか。

そしてそれから間もなく出た病理結果は・・・。
「良性腫瘍」。
それは奇跡の良性。

その事を病院で聞いた時、ありえないその結果に大きな声でガッツポーズをしていました。

お千代は紛れもなく強運でした。
だから時間がかかっても絶対にお家は見つかる。
そう信じました。

そのお千代に、遂に里親様が現われました
しかも突然に・・。
里親様は一昨日はじめてカフェを訪れてくださった方です。
「千代ちゃんに会いに来ました」
はっきりとそう言われて。
遠く西の方からのご訪問でした。
大阪にもお家があるそうですが、ご都合で離れて暮らしておられるとのこと。
そして、ネットで1年ほど前に千代を見つけられてからずっと、ネット上で行方を気にしておられたそうです。
でもいったんネット上から消えたと思われた千代。
再び川西店にいることを見つけて、新幹線で遠く離れた川西に会いに来てくださいました。
この日たくさんお話をさせていただきました。
また千代ちゃんとも触れ合ってくださいました。

里親様は過去もたくさんネコちゃん、ワンちゃんも飼われていました。
現在も保護した5頭親子のネコちゃんがいるそうです。
飼育経験豊富で保護猫への十分なご理解。
更に治療中のネコちゃんを懸命に見ていらっしゃいます。

ですが、この日は決められずにカフェを後にされました。
「母と相談してまた来ます」
そう言い残されて・・・。
とにかく、遠方であるがために次にいつ来られるかは不明。
翌日には帰られるとのことでした。

でも私の「繋がって欲しい」との思いが届きました。
帰られたはずの今日、再度カフェに来てくださった里親様。
ご家族のOKが出て、1日滞在を伸ばされて千代を迎えに来てくれたのです。

千代の病歴を知ったうえで、
「千代ちゃんと暮らしたい」
「千代ちゃんが本当に大好き」
そう言ってくださいました。

そして千代のために別のお部屋もご用意くださるとのこと。
また今後はステロイドだけでなく、できるだけ身体に負担のない治療法を選んであげたい。
そう言ってくださいました。

何より・・・。
私の想いをお伝えしたときに、目に涙をいっぱい溜めてくださった里親様。
ラブファイブさんから預かった千代の命。
その命のバトンを、しっかりとお渡しできた瞬間でした。

お千代が保護されてから1年半。
自分の約半生をかけて見つけた居場所。
それは川西からとても遠い場所でしたが、千代にとってはきっと楽園。
最後に私に小さな鳴き声で「ミャー」と言って、
その後ご用意くださったキャリーに入った千代。
撮った写真に写った姿は胸張った堂々とした姿でした。


帰られてからいただいたメールも・・・。
「移動緊張しないかとの私の心配をよそに、阪急電車でまさかのリラックスモード。まるで『一緒に暮らすわ!』と意思表示してくれているようで嬉しかったです。仲良く暮らして行けそうです」
と大物千代ちゃんのご報告になりました。

里親様。
遠い場所から、千代ちゃんに会いにきてくださいまして本当に本当にありがとうございました。
これからの千代ちゃんの未来を引き受けてくださいましてありがとうございました。
アレルギーとは一生のお付き合いになると思いますが、どうかよろしくお願い致します。
また、時折千代ちゃんのお写真を送っていただければ幸いです


か細くてか弱くて、隅っこばかり。
ボランティアさんにいただいた爪とぎハウスにほぼ1日籠り、ご飯もそこで食べいていたお千代。

だけどここは仮の宿で仮の姿。
遅ればせの本物の人生がやっと動き出しました。

そして新しい名前は・・・。
「千代まめちゃん」
「まめちゃん」は21歳で虹の橋を渡った先住猫のお名前。
その名前を最後につけてくださいました。


千代まめちゃん。
これからは可愛がって、まめちゃんのように健康で長生きして幸せに暮らしてね。
卒業、本当におめでとう


PS.お千代ちゃんを見送るくまくん

「え?行くの?」
て言ってるようでした。
くまくんも続け~

では。

スポンサーサイト

オラフくん卒業しました

こんばんは。
今日、お迎え待ちだったシーズーのオラフくんが無事卒業しました
川西卒業、333番目になります。



お迎えに来てくださるまで、いつものように走りまわっていたオラフくん。
カフェの男子とも対等にガウガウしたり、シルクちゃんを追いかけまわしていて、元気印そのもの。

たった10日の川西滞在だったけど、その元気で楽しそうな姿はとっても印象深いものでした。


でも残っていたご契約が済み卒業写真を撮り終えた後、里親様に抱っこされたオラフくん。

今まで見せたことのない満面の笑顔のカメラ目線。
とってもご機嫌で卒業していきました。

保護されたワンちゃんたちは、それぞれ生きて来た環境も違うし、性格も違います。
でも、与えられた運命を一生懸命生きて来た。
それだけはみんな同じです。
繁殖犬として生きてきたオラフくんも、一生懸命その使命を果たして来ました。


運よく保護されて、カフェで出会いを待ち、新しい場所へ行く。
それは最後まで過ごせる場所、家族が見つかることです。
その新しい場所を、保護された子達の代わりに選ぶのは私。
その責任はとても重いと、いつも思っています。

だけど、カフェでお家が見つかっていく子達を見ていて思う事。
その出会いは、ただ偶然の出会いではないのだと感じることがあります。
見つけてもらう事。
出会ってもらえる事。
それはきっと偶然ではなく、その子達が持つ運命の力なのだと思います。

今回里親様は、カフェから遠い場所でしたがオラフくんを見つけてくださいました。
そして先日もお伝えしましたが、何度もお電話をくださり、1日にカフェを2往復。
その遠い道のりを、まるで導かれるように来てくださった里親様。
男の子の先住犬が2頭いることで慎重になる私との間にあった少しのギャップを、見事にご友人が取り持ってくださったこと。

それはきっとオラフくんが持つ運命の力と里親様のお気持ちが重なった結果なのだと思います。

里親様。
オラフくんを見つけてくださり、そして遠いところを川西まで来てくださり、里親様になってくださいましてありがとうございました。

そして、ふわくん、もこくん。
今日からオラフくんがお世話になります。
不慣れな飼い犬1年生ですが、よろしくお願いしますね。

里親様は帰られてから、お便りをくださいました。
もこくんにマウントしてちょっと怒られてしまったようですが、それからしなくなった模様。
おしっこも、最初はいろんなところにしたけれど、じっくり教えてあげたら数回成功。
とってもお利口スタートのようですよ

(↑すっかり寛いた様子のオラフくん)

そしてオラフくんの新しい名前は・・・。
「まるくん」になりました
「ふわ」「もこ」「まる」。
なんだか温かな響きですね。


まるくん、卒業おめでとう

楽しく元気で幸せにね~。

では。

オラフくんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、夕方シーズーのオラフくんの里親様が決まりました



オラフくんは先週木曜日にカフェに来たシーズー男子。
性格は人見知りなしでワンちゃん大好き。
いつも誰かを追いかけています。
まだ3歳なので無理もないのです。
とにかく楽しくて仕方ないオラフくん。

一日のほとんどをカフェを縦横無尽に駆け回っていました。

そんなオラフくんを見て思ったことは・・。
ワンちゃんのお友達がいるお家がいいのかな・・・。
そう思っていました。

里親様は私が不在の火曜日にお電話をくださいました。
お家には2頭、シーズー男子がいるとのことだったのですが、ŞNSで見たオラフくんがあまりに可愛くてお家にお迎えしたいと思われたそうです。
そして、翌日に再度
「オラフくんの里親様はまだ決まっていませんでしょうか」
とにかく気になって気になって・・・。
と、電話を2度もくださいました。

ですので、一度会いに来てくださることをお願しました。
そうしたところ今日、お友達とご一緒にカフェに来てくださいました。
お友達も保護犬カフェの鶴橋店と東道頓堀店からワイヤーダックスをお迎えくださっていたそうで、心強い援軍でした。

お席にお伺いし、ご一緒に来てくださったお友達を交えて、てたくさんお話をさせていただきました。
オラフくんを気に入ってくださったものの、やはり気になるのは先住犬達との相性。
オス同士は色々と会わなければ分からない複雑な事があります。
例えば、カフェには相性が合わないオスのワンちゃん同士もいます。
ですので、ぜひ一度連れて来てくださることをお願いさせていただきました。


しかしオラフくんは引き合いも多く、次回来られるまでに里親様が決まってしまうかもしれません。
実際、里親様の引き合いも何件かいただいていました。
里親様は今日ご用事があり、悩まれながら・・一旦カフェを後にされたのですが・・。
再度夕方、先住犬2頭を連れられてカフェに来てくださったのです。
実は里親様のお家はカフェからは遠く、片道1時間以上。
その距離を2往復。
4時間以上を移動に使われ来てくださいました

先住犬はシーズー男子のもこくん、ふわくん。
最初はカフェの探索に余念がなかったふわ・もこコンビでしたが、オラフくんとは時間が経過しても争ったり諍たりすることもなく。
「自由」で「性格良好」なワンちゃんたちでした。

それはまるで前から一緒にいたような錯覚を覚えるほど違和感はありませんでした。

なのでカフェにいた皆が全員「〇」。
それがオラフくんのお家が決まった瞬間でした。

里親様自身、オラフくんに一目ぼれ。
カフェに来たときは毛がモサモサで汚れていたオラフ。

ですが、月曜日ボランティアさんのトリマーさんにカットしてもらい、イケメンオラフになっていました。


里親様の強いお気持ち。
そして里親様のお友達のアドバイスと行動力が結んでくださったご縁でした。


オラフくんは土曜日にお家の子になります

では。

新メンバーが来ました(ワン121期生)

今夜、ワンちゃん(120期生) 2頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

シンくん ロングコートチワワ ♂
2011年10月26日生まれ(6歳) 2.1㎏ 色:クリーム
sin006.jpg
sin004.jpg

とにかく歩く姿が可愛すぎ。
テケテケちょこちょこ。
sin0001
sin015.jpg
シッポがどんな時でもブンブン、くるくる
sin012.jpg

おっきなおメメも折れ耳もキュートです。
近くまで来て、足にお尻をぴったっと寄せておっちんしてくれました。
sin013.jpg
抱っこも大好き。
sin009.jpg
愛される要素しかありません。
とってもとっても可愛いですよ
sin007.jpg


ミライちゃん ロングコートチワワ ♀
2012年6月10日生まれ(6歳) 3.3㎏ 色:レッド&ホワイト
mirai004.jpg

飼育放棄で保護されました。
ちょっと寂し気な表情が母性本能をくすぐります。
mirai014.jpg
頭とお尻がクリーム色。
ボディは可愛いドット模様です。
mirai010.jpg
初めての場所はちょっと怖くてまだ少し緊張気味。
だけど名前を呼んだら振り向いてくれました。
mirai007.jpgmirai017.jpg

抱っこもこわごわだけど大丈夫。
mirai016.jpgmirai005.jpg
ゆっくり慣れて欲しいので、優しく触れてあげてくださいね


新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは9頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

そしてネコちゃん部屋ですが、ネコちゃん達は警戒心が強い生き物です。
そのため色々なお客様と触れ合うことにストレスを感じ、なかなか環境に慣れてくれないなどの問題が生じています。
現在猫部屋里親希望の方のみの入室とさせて頂いております。
ご期待に沿えず申し訳ございませんが、触れ合い目的のお店ではないため、どうかご理解いただけますと幸いです。
里親希望の方、保護猫をお家にお迎えすることを少しでもお考えの方は、お気軽に近くのスタッフにお声掛けください。
よろしくお願い致します。

では。



アネモネちゃん卒業、ももちゃん卒業

こんばんは。
今日は水曜日に里親様が決まった、ロングコートチワワのももちゃんが予定通り夕方卒業しました

そしてその前に・・ミニチュアダックスフンドのアネモネちゃんの里親様が決まり、卒業しました

アネモネちゃん



里親様は今年6月にカフェから卒業した、ヨークシャテリアのダンディくん(現在レオくん)の里親様ご一家です。

9月に入ってから2度ほど、ご家族皆さんでカフェに遊びに来てくださっていました。
少し久しぶりに会ったレオくん。
相変わらずの可愛さでした。

最初はカフェの仲間と遊ぶよりも、ご家族が座るベンチで過ごしていました。
家族に懐いて甘えて・・。
とても微笑ましい光景でした。

そんな中で、昨日はお電話をくださった里親様。
内容はアネモネちゃんのお問合せでした。

実はレオくんの友達を探しておられたとのこと。
ぜひ会いに来ていただければとお伝えしたところ、今日朝一番で来てくださいました。

以前にダックスを飼っておられた里親様ご一家。
SNSで見た来たばかりのアネモネちゃんが可愛くて、レオくんとの相性が良ければお家にお迎えしたいと思われたそうです。

アネモネちゃんはまだカフェデビュー2日目。

幼い顔立ちで可愛くてちっちゃくて。
甘えたでお膝が好きで、ペロペロもしちゃうような愛されキャラ。
人懐こい性格で、人見知りもありません。

抱っこすると、とろけるような表情でウトウト
ある時はフロアをくまなく駆け回り、いとも楽しそうでした。

そんなアネモネちゃんと長い時間過ごしてくださった里親様。
バックヤードでレオくんとの相性も慎重にみさせていただきましたが、特に問題はありませんでした。

たくさん触れ合って、今日はご用事のためカフェに来れなかったご主人ともしっかり連絡を取り合ってくださって、
そして・・・。
お家に迎えたいとお申し出くださいました。

デビュー2日目で早くもお家が決まったアネモネちゃん。
レオくんを大切にしてくださってることを、いつもメールでご連絡くださっていた里親様です。
人見知り、犬見知りのない性格。
レオくんと一緒に楽しく暮らして行けるお家です。

里親様。
アネモネちゃんを見つけてくださり、お家の子にしてくださって本当にありがとうございました。
「もう一頭をお迎えするなら、レオくんと一緒の川西から・・」
そう言ってくださったことがとても嬉しかったです。

きっとお家にはすぐ慣れると思います。
レオくんと一緒に末永くよろしくお願い致します。
今度はレオ&アネモネちゃんと一緒に遊びに来てくださいね。
ぜひお待ちしています。

帰られてから、皆さんで新しい名前を考えてご報告くださいました。
新しい名前は・・・。
「ココアちゃん」になりました


今日はイージーくんと遊んでいたレオくん。
帰ってからお疲れのご様子で、おネンネのお写真です。

それから、おもちゃで遊ぶココアちゃん。

楽しそうに遊んだり、皆のお膝で甘えていたそうです。
「今日からは家族の一員なので、大切に育てますね」
とお言葉を添えてくださっていました。

ココアちゃん。
良かったね。

楽しく賑やかに、そして幸せに暮らしてね。
卒業おめでとう


ももちゃん

お迎え待ちだったももちゃん。
予定より少し早く、お姉様、姪っ子さんと一緒にお迎えに来てくださいました。



少し残っていたご契約を済ませている間に
「可愛い
その言葉を何度言ってくださったでしょう。
確かに可愛いももちゃん。
ですが、頬を緩めながら何度も言ってくださる言葉がとても嬉しく、微笑ましかったです。
これほど望まれてお家に行けるももちゃんが誇らしく思えたほどです。

姪っ子さんのご家族にもきっと大切にしてもらえること間違いなし。
それはももちゃんが持つ強運。
そしてそのご縁は最強でした。

どんな過去を背負って来たのかわからないけれど、会ってすぐに懐いてくれた可愛いももちゃん。
シッポがくるくる回転したももちゃん。

食いしん坊のももちゃん。
性格もルックスも可愛いももちゃん。

保護されたときはガリガリに痩せていたももちゃん。
左目を失ってしまったももちゃん。

約7年の頑張って来た過去は今日で終わります。
これからはただただ愛され、可愛がってもらって、本来のワンちゃんがそうである暮らしが今日から始まります。
いえ、違いました。
今日からは「セレブももちゃん」の始まりです

里親様は今日、「セレブももちゃん」になります、と断言してくださいました。
広いお庭のある暮らし。
お散歩苦手なももちゃんはお庭の散歩からスタートします。

里親様。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。
心から感謝しています。

これからもどうぞよろしくお願い致します。
ぜひ、飼い犬ももちゃんと一緒に遊びに来てくださいね~。
お待ちしています。

ももちゃんの名前はそのまま・・・。
「ももちゃん」です


セレブももちゃん。
頑張った分、幸せになってね。
卒業、本当におめでとう

では。