FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

11月« 2018年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

ゴローくん、お空に旅立ちました

今朝起きると、私のスマホに懐かしい里親様からLINEメッセージが届いていました。
ワンちゃんの名前は「ゴローくん」。
確か1年ほど前にカフェから卒業したトイプードルの男の子。
すぐそう思い出し、急いでそのLINEを読ませていただくと・・。

そのお便りは悲しいお便り、ゴローくんの訃報でした。
信じられない気持ちでした。
涙が溢れて止まりませんでした。

ゴローくんは一昨日急に倒れ、昏睡状態になり、一度は持ち直したものの昨日夕方急変して・・。
そのまま昨夜21時半頃、息を引き取ったとのことでした。
その前日まで元気で走り回っていたそうです。
体重が増えず、治療の方針を考えてくださっている中での出来事。
低血糖でアンモニアの数値が上がり倒れたそうです。

川西にやって来たときはたった1.7㎏の極小ワンちゃんでした。

鼻先やシッポ、下顎、耳介のあちこちの毛が抜け落ちていました。
甲状腺異常を疑って血液検査をしたけれど、正常。
それまで過ごした環境がそうしていたのだと思われました。

お家の子になってたった1年と1か月余り。
その間、一緒にキャンプに連れて行ってもらったり、お子様達と走り回って遊んだり。
病気の片鱗もなくただ楽しく過ごす日々。
たくさん愛してもらって、たくさん可愛がってもらって、愛情で包んでもらっていました。
今日いただいたお写真には、愛らしい元気でやんちゃな、
そして毛が生えたゴローくんが映っていました。


そのあまりの可愛さがとても嬉しくて、そして悲しくて切なくて・・。

一度持ち直したとき、シッポを振って来てくれたゴローくんを忘れられないと書かれていた里親様。
そのお気持ちが痛いほど伝わって来ました。

過酷な過去。
小さすぎる命。

だけど、ご家族に巡り合ってもらって、お家の子に迎えてもらったゴローくん。
きっとこの1年はゴローくんの一生分の幸せをもらえたのだと、私は信じたいです。
本当にそう信じたいです。

きっと眠るようにお空に旅立ったゴローくん。
楽しかったよね。
幸せだったよね。
今生では生き急いでしまったけれど、
また生まれ変わって、お母さんたちの前に現れてね。
きっとね・・。


自宅のベランダからゴローくんを見送った今朝の空は晴れ。
雨続きだったのに、不思議に澄んだ綺麗な青空でした。
ゴローくん。
もう一度だけ会いたかったよ。

その時私には、胸張って虹の橋を渡るゴローくんが見えた気がしました。



ゴローくんの冥福を心からお祈りします
そしてたくさんの愛情を注いてくださった里親様。

心から感謝しています。
本当に本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

新メンバー(ワン126期生・ニャン22期生)。

こんばんは。
今夜、ワンちゃん(126期生)1頭と、ニャンコ(22期生)1頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

すみれちゃん トイプードル ♀
2011年11月12日生まれ(7歳) 3.6㎏
色:レッド

とっても人懐こいすみれちゃん。
なのでお膝が大好き。
お膝に乗せてもらえるまで決してあきらめません。


そして抱っこしてもらうと、ご満悦からの・・可愛い顔で寝てしまいました。

そして好奇心も旺盛。
性格は天真爛漫。

初めてのフロアを楽しそうにルンルンでく散策とチェックに余念がありません。

おもちゃで一人遊びも出来ました。

ちょっと短めな足も、歩き方が可愛くて、すみれちゃんにはチャームポイント。

じっと見つめてくれるくりくりオメメの熱いビームがたまらない、

とっても可愛いトイプーちゃんです



ネコちゃんの部

コヨコヨちゃん ノルウェージャンフォレストキャット ♀
2012年8月23日生まれ(6歳)  3.4㎏
色:ブラウンマッカレルタビー&ホワイト

初めてのノルウェージャンフォレストキャットが来てくれました。
北欧の森の中に住んでいたと言われるため、ゴージャスな毛並みとふわふわ感満載です。

フロアのあちこちを念入りにチェックしたり、運動能力も高くてあちこち登ったりと大忙し

だけど優雅にフロアを散策したあと、まるでモデルさんのようにポージングもしてくれました。

性格は温厚。
そして陽気でマイペース。

フレンドリーでスキンシップ大好き。
抱っこもOK。
今日はシャンプーもさせてくれました。

エレガントで麗しい気品あふれる美人ネコさんです。

↓ゴットンくんとも上手にご挨拶できました



新しいワンちゃんが1頭、新しいネコちゃんが1頭増えて、カフェでは9頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

そしてネコちゃん部屋ですが、ネコちゃん達は警戒心が強い生き物です。
そのため色々なお客様と触れ合うことにストレスを感じ、なかなか環境に慣れてくれないなどの問題が生じています。
現在猫部屋里親希望の方のみの入室とさせて頂いております。
ご期待に沿えず申し訳ございませんが、触れ合い目的のお店ではないため、どうかご理解いただけますと幸いです。
里親希望の方、保護猫をお家にお迎えすることを少しでもお考えの方は、お気軽に近くのスタッフにお声掛けください。
よろしくお願い致します。

では。

くまくん卒業!

こんばんは。
お迎え待ちだったくまくんですが、今日無事卒業しました
里親様はお嬢様と一緒にお迎えに来てくださいました。



7月26日にリグスくんが卒業して、そのあとにやって来たくまくんは今日でちょうど4ヵ月になります。
ビビりには違いなかったけれど、それは初めての場所に来たので無理もなく、
でも性格は穏やかで人懐こくて、そして食いしん坊。


ネコ部屋でへそ天で無防備に寝ていたり、名前を呼ぶと走ってきたり、

姿はネコだけれど、中身はワンちゃん。
カフェスタッフにもたくさん可愛がってもらいました。

生まれた場所はたくさんネコちゃんがいる場所。
ごはんをもらう競争も高かったと思います。
カフェに来たときはけんかの傷跡があったけれど、その傷もすっかり治りました。
新しい場所はくまくんだけ。
ご家族は5人だから500%の愛情をかけてもらってちやほやされて。
そんな環境がくまくんが過ごすお家になります。

里親様。
くまくんをSNSで見つけてくださって、会いに来てくださってありがとうございました。

その後慎重にお考えくださり、お家の環境を整えてくださって、くまくんを迎えに来てくださったことが本当に嬉しかったです。
今日一緒にお迎えにきてくださったお嬢様もありがとうございました。
きっとお嬢様とは一番の仲良しになってもらえると思います。
くまくんのこと、どうぞよろしくお願いいたしますね。

そして帰られてから里親様からお便りをいただきました
帰る途中は不安で鳴いていたそうです。
お家に着くと、こたつに潜って様子を伺くまくん

ですがその後再度いただいたメール。
「少ししたらコタツから出て、興味津々で部屋の中をぐるぐる歩いたり登ったり、またコタツで寝たり・・」
ごはんもやっぱりちゃんと食べて、その後お嬢様の布団に潜って一緒に寝ていたそうです。

カフェに来た時もすぐに環境に馴染んでくれたくまくんのことだから、新しいお家でもすぐに慣れてくれるはず。
そう思っていました。
案の定なお便りの内容に、思わず目尻が下がってしまいました。

くまが持っている性格は、本当に「愛されキャラ」。

そして人を癒してくれる力を持っていました。

だから・・。
カフェはちょっと寂しくなったけれど、4ヵ月くまと過ごせて本当に楽しかったヨ。
暴れん坊でもなくて、お利口で、優等生で・・。
だけどひょうきんで(笑)
同室のネコちゃん達とも仲良くしてくれて、ありがとう。

これからは、ちょっと食べ過ぎに注意して、
だけどご家族皆さんにいっぱい可愛がってもらって、
今まで頑張ったぶん、幸せにね。


卒業、ほんとにおめでとう

PS.くまくんを見送るゴットンくん。

少しづつ、カフェに馴染んできてくれています。
ゴっちゃんも続け~

では。

ポコちゃん無事卒業しました。

こんばんは。
昨日里親様が決まった、ポメラニアンのポコちゃんが無事卒業しました



里親様は先住犬のレイ君と、去年亡くなったのどかちゃんのお骨が入ったペンダントも一緒にお迎えに来てくれました。

そして、のどかちゃんが使っていたハーネスをご持参。
それをつけてもらったポコちゃん。

来ていたお洋服の色とピッタリでした

一緒にお迎えに来てくれたレイ君ともご対面。
特に問題もなく、まずまずのようでした


そして今日も里親様に抱っこされると、飛び切りの笑顔を見せてくれたポコちゃん。

抱っこされることが嬉しくて仕方ないように感じました。

人のために出産を繰り返した過去。
華やかな表舞台の裏で、繁殖犬たちはただ頑張って来ました。
だけど、遅ればせながら巡ってきた表舞台。
犬に生まれてきて、8歳でやっと飼い犬になったポコ。
里親様がポコに向かって話される「言葉」は理解できていないとしても、その温かで優しい「感情」はきっと理解出来ているんだ。
今日私はそう感じました。
そして、たった3日足らずの川西滞在でしたが、やっぱり胸が熱くなりました。

里親様。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

このご家族なら絶対大丈夫だと思えるお家。
そんな温かなお家に決めさせていただけて本当に良かったです。
出会ってくださり、本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてからメールをくださいました。
そこには・・。
ご自宅の横にある河川敷で、レイ君との初めてのお散歩の姿と、お家の中の姿が映っていました。


そして夜いただいたメールに添えてくださった言葉・・。
こはな「希花(のどか)が繋いでくれたご縁。のどか同様、今まで出来なかったことをいっぱいしてあげたいです。そしてここに来て良かったと思ってもらえるように頑張ります」
そう綴ってくださいました。

そしてポコちゃんの新しい名前は・・・。
「幸花(こはな)ちゃん」になりました
(のどか)ちゃんの一字をもらって付けてくださった名前です。

幸花(こはな)ちゃん。
その名前のように、幸せな花を咲かせてね。
そしていっぱい楽しいことして、甘えて、遊んで・・。
素敵な未来を送ってください。

卒業、おめでとう

では。

ポコちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、ポメラニアンのポコちゃんの里親様が決まりました




ポコちゃんは昨日(金曜日)フロアデビューしたばかり。
デビュー2日目で、お家が決まりました。
環境が変わって緊張からか、来た早々はブルブルと震えていたポコちゃん。
8歳と6ヵ月を過ごした場所を後にして、新しいところはやっぱり怖かったんだと思います。

でも、しばらく過ごすうちに慣れてくれてフロアを歩き始めました。

だけど、表情は緊張したまま。
だから腫れ物に触るようにそっと抱っこ。
その時撮った写真には、まるでぬいぐるみのように可愛いベビーフェイスのポコちゃんが映っていました。


小さめで可愛くて・・・。
でも、ポコちゃんは8歳なのです。
被毛は残念ながらパサパサ。
歯はたくさん抜け落ちて、残っている歯もまっ黒。
お母さん犬として、子供をたくさん産んでいる身体でした。

多くの年月を、そのためだけに過ごして来た過去。
とても切ない身体でした。

ポコちゃんのその様子を、今日里親様にお伝えしました。
ですが、それを聞かれた里親様はより一層ポコを抱きしめてくださいました。


里親様はカフェを開店した当初から、時折遊びに来てくださっていたご夫婦です。
その時、いつも一緒にいたワンちゃんがいました。
希花(のどか)ちゃん。
ポメラニアンです。
のどかちゃんは実は、5年前に天神橋店から引き取られた元保護犬。
当時9歳でした。

2015年10月11日にカフェに来てくださった時の懐かしいのどかちゃんの写真が残っていました。
付けているヒマワリの花飾りのような、明るい太陽のようなワンちゃんです。

先住犬のレイちゃん(パピヨン)も一緒でした。


その後も何度かカフェに来てくださっていたのですが、残念ながらのどかちゃんは治らない病気を発症したため、去年虹の橋を渡ってしまいました。
その余命を宣告された後、出来るだけ楽しい思いをさせてあげたいと、ご家族で沢山旅行に行かれたのだと、お話しくださいました。
その時奥様の目は、赤く腫れていました。
小さな命を思う優しくて温かな.お気持ち。
言葉ではなく、伝わるお気持ちが私の心の琴線に触れ、胸がいっぱいになりました。


何年生きるかが問題ではなく、どう生きるかを考えてくださるご夫婦でした。。
保護犬たちがお家で過ごせる時間は、そう長くはありません。
だから「長さ」を「深さ」で補ってあげたい。
いつも私が話すそのことをご理解くださっていて、そしてすでにのどかちゃんとそう過ごされていました。
だから今日ゆっくりと触れ合ってくださって、十分にご相談くださって、その後ポコちゃんを連れて帰りたいとお申し出くださった時、
ポコちゃんがこれから過ごす温かで優しい時間と未来を想い、心から、本当に本当に嬉しかったです。

のどかちゃんに似ているから、引き取ることを決められたのではないと思います。
ですが、本当にポコちゃんはのどかちゃんに似ていました。

ポメラニアンの保護も多く、他店にもポメラニアンは在籍しています。
でも、のどかちゃんに似ていることがきっかけでポコに会いに来てくださったこと。
それは、亡くなったのどかちゃんがポコちゃんのタスキを里親様に繋いでくれたのだと、私は思っています。
何故なら・・・。
今日里親様に抱っこされたポコは、初めて大輪の花ような笑顔を見せてくれたのですから。


そんなポコちゃんは、明日お家の子になります。
先住犬の13歳のパピヨン、レイちゃんも一緒にお迎えに来てくれるそうですよ。

では。