FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

06月« 2020年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

ヨッセくん卒業

こんばんは。
昨日お家が決まったトイプードルのヨッセくんですが、今日お迎えに来てもらって無事卒業しました



優しい里親様でした。
お話するトーンやお話してくださる内容もすべて穏やかで温かで・・・。
今まで飼われていたワンちゃん達もご長寿。
16歳、18歳、20歳とそれぞれ長生きしておられたそうです。
健康だったと思います。
ですが、ワンちゃん達の長寿の秘訣はストレスが無いことも大切なこと。
きっと穏やかに過ごせるご環境だったのだと思いました。

里親様が最初カフェに来てくださったのは6月21日のことでした。
もう一度ワンちゃんを飼いたいと思われて、ご夫婦でカフェを訪れてくださったものです。
この時はお話をさせていただいただけでした。
でも、そのお話をさせていただいた雰囲気が忘れられないほど印象深く心に残っていました。

再度ご来店くださったのが一昨日の金曜日。
火曜日にカフェにカフェ来たヨッセくんを見に来てくださったものでした。

ヨッセくんは来月で8歳。
その長い時間を今まで人のためだけに生きて来たワンちゃんでしたが、人が大好きでした。
さらにとても元気。
カフェの男子とはトラブルになるほどです。

だから交代でカフェに出ることになり、時にはフロアのケージに入ってもらう事も多々。
そのケージでもぴょんぴょん飛び跳ねて「出して~」のアピール。

小さい身体でジャンプ力バツグンのやんちゃボーイでした。

さらに、ルックス超ラブリーボーイ。
本当に可愛くて、小さめの2.2㎏。
でも歯は歯石歯肉炎超重度に加えて、お耳にはマラセチア菌。

と・・・大勢の中での暮らしてきたことを連想する過去を纏っていました。


この日、またたくさんのお話をさせていただきました。
やはり柔らかで控えめで・・・。
「可愛い、可愛い」と目を細められてヨッセくんを抱っこしたり眺めたりしてくださいました。
既往症をお伝えしても、ご理解も深くいらっしゃっり治療も快諾くださいました。
奥様お一人で来られていましたので、ご相談くださるためにお帰りになり、翌土曜日に引き取るご意思をお伝えくださったものです。

そして今日の卒業にはご主人も一緒にお迎えに来てくださいました。

ヨッセくんに素敵な素敵なお家が出来ました。

里親様へ。
里親様の温かなお言葉の数々に私自身が魅せられていました。
ヨッセくんに優しいお家が出来たことを本当に嬉しく思います。
ご縁を繋いでくださいましたこと、本当にありがとうございました。

去勢や歯の治療など、これから少しヨッセくんには頑張ってもらう事になりますが、どうぞよろしくお願い致します。
また、ご自慢のお写真などお送りいただけましたら幸いです。
そしてぜひカフェにも遊びにきてくださいね。
楽しみにお待ちしています。

帰られてからいただいたメールには、めちゃくちゃ可愛いヨッセくんが映っていました。

ご飯も完食してくれたようで「賢い子です」と早くもべた褒め・・(笑)
「早く慣れてくれるように頑張ります」
と心強いお言葉を添えていただきました。

ヨッセくんへ。


元気過ぎてカフェではちょっとばかり大変だったけど、
元気なことが一番。
人見知りや場所見知りもないヨッセくんは大丈夫だと思うよ。
そして来月のお誕生日は初めてお家で祝ってもらえるね
これからは優しいお母さん達に愛されて
素敵な犬生を生き直してください。

ヨッセくん、卒業おめでとう

呼びやすい名前で、また今までそう呼ばれていたからとおっしゃられて
ヨッセくんの名前はそのまま・・・。
「ヨッセくん」です

では。

スポンサーサイト



ロイちゃん卒業

こんばんは。
今日、ロングコートチワワのロイちゃんにご縁が繋がり、卒業しました



6月23日にカフェにやって来たロイちゃん。
同期のチワワちゃん3頭の中で一番ゴキゲンさん。
診察の病院でも笑顔。

ご飯も完食。
初めっからしっぽが上がってフリフリ。
大きなオメメで愛想バツグンでした。


翌日のフロアでもお客様が来られるたびにワンワンお出迎え。
おやつも大好き。
抱っこもOK。

他のワンちゃんとも全くもって平和。
でも、環境の劇的変化で疲れたのか・・。
次第に机の下で休んでいることが多くなっていました。


里親様は6月28日の日曜日に初めてご家族でカフェに来てくださいました。
お父様お母様と息子さん。
実は・・。
この日に卒業したトイプードルのアヤメちゃん(現アメちゃん)の里親様のご友人ご一家です。
お家もすぐご近所。
さらにはお子様のママ友さんです。
先にSNSでカフェを見つけられたのはロイちゃんの里親様の奥様が先。
預かりのパグが帰ってしまったアメちゃんの里親様にカフェを教えてあげたところすぐに行動された・・、とのことでした。

里親様のお家には8歳のチワワ男子がいて、相棒を探されていました。
この日カフェにいたワンちゃん達と触れ合ってくださいましたが、お家のチワワちゃんとの相性が気になるところ。
ご説明やお話をさせていただいた後、ぜひお連れくださるようにお伝えするとご快諾くださいまいした。

翌月曜日。
夕刻、奥様が先住犬のベガスくんを連れて来てくださいました。
お相手はロイでした。
早速マッチング。

大勢の人やワンちゃん達がいる中でベガスくんは緊張気味。
バックヤードでロイとの相性を見てみました。
特に問題はありませんでしたが、フロアに戻るとベガスくんは奥様のお膝で小さく唸りました。
無理も無いと思います。
慣れるまではベガスくんのプライドを傷つけないように見守っていただくことが必要になると思う。

ご家族で十分ご相談いただきたい。
そうお話させていただきました。

そして今朝、ご主人からお電話をいただき引き取ることをお申出いただきました。
十分にお考えくださってのお申出でした。
ご都合で今日はご主人お一人のお迎えになりましたが・・。
「家に来て幸せだと思ってもらえるようにしたいです」

そう言って優しく包んでくださるように抱っこしてくださった里親様。
愛がいっぱいの包容力。

今日から3日間はお仕事がお休みのタイミングでのお迎えにしてくださるなど
とても優しい卒業になりました。

帰られてからもお便りをくださった里親様。
「どんなつらい過去でも生きていれば楽しく明るい未来がある。生まれてきて良かったと思ってもらえるような余生を過ごせるように努めます」

また、緊張からかベガス君のケージに入り浸るロイちゃんを気遣い、
「慣れるまで寄り添います。また今後も安心して末永く暮らしていけるようみんなで温かく支えます」
「家族として・・」
と・・やっぱり優しいお言葉。
そんな素敵なお家の一員にしていただきましたよ。

里親様へ。

本当に素敵なご縁を繋いでくださったことに、心からお礼を言わせてください。
気になるのはベガス君の事ですが、ベカス君の事もロイちゃんの事も大切にしてくださるのは絶対に間違いないと感じさせていただきました。
温かで優しいお家の一員になれたロイちゃんを誇りに思います。
またぜひ、アメちゃんとご一緒にカフェに遊びに来てくださいね。
お待ちしています。
ベガス君、どうぞロイちゃんのことよろしくお願い致します

そしてロイちゃんへ


お愛想が良くて、元気で、いつも笑顔のロイちゃん。
手がかからなくてお客様のお膝にも乗ってくれて
ほんと、助かりました。
どんなお家にご縁が繋がるのかと思ってたけど
すっごいいいお家の家族になれて良かった。
ベガス兄ちゃんに仲良くしてしてもらって
素敵な毎日を過ごしてくださいね。

卒業、おめでとう


新しい名前は・・。
「シルクちゃん」
ラスベガスが大好きなご主人。
シルクドソレイユからつけてくださいました。
太陽のサーカスの意味。
太陽のように明るいロイにピッタリ。
ありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン197期生)

おはようございます。
昨日、ワンちゃん(196期生)5頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

ミラちゃん ビーグル  ♀
2014年1月1日生まれ(6歳) 9.3㎏
色:ブラックホワイト&タン

初めてのビーグルが来てくれました。
大きな身体だけれど、とっても怖がりなミラちゃん。
だから、最初はブルブル震えてばかり・・。

でも、徐々に楽しそうに歩き回ったり、走ったりしてくれるようになりました。

まだまだ怖がりさんなので抱っこは苦手。
でも撮影時は頑張ってくれました。

ちょっとぽっちゃり目のおっとりさん。
お耳の毛ざわりがビロードのよう。

笑顔がとっても可愛いミラちゃんです。


グレンちゃん トイプードル  ♀
2013年8月20日生まれ(6歳) 2.6㎏
色:シルバー

少しタレ目の癒し系美人のグレンちゃん。
おしとやかさに加えて、控えめな甘えたさん。
ぐいぐい来ることは無くて、気がつくと人の後ろにひっそり座っていたり、前で寄り添って座ってくれたり。

それがいじらしくてついつい抱っこしてしまいます。

小さめで可愛い可愛いグレンちゃん。
オメメくりくりさんです。



 ヨッセくん トイプードル ♂ 
2012年8月28生まれ(7歳) 2.2㎏
色:レッド

元気いっぱいヨッセくんは楽しくて明るくて人が大好き。
今日は走り回ったり、構ってもらいたくて寄ってきたりとノンストップの大忙し

自由を満喫です。
抱っこは慣れてないけれど、ゆっくり手足を折り畳んだら上手に出来ました!

お膝に手を掛けてのアピールも上手。
笑顔がとっても可愛いいヨッセくん。

疲れ知らずのちょこまかボーイです。


新しいワンちゃんが3頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。

「カフェ募集メンバー」

カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。

また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただければと思います。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。


ラッキーちゃん卒業 アヤメちゃんも卒業

こんばんは。
今日、お迎え待ちだったロングコートチワワのラッキーちゃんが無事卒業しました
そして、トイプードルのアヤメちゃんにもご縁が繋がり、卒業しました

ラッキーちゃん



正統派美人のラッキーちゃん。
整った顔立ちを写真で撮ると、本当に綺麗でした。


でも、性格はとてもナーバス。
同期の他のワンちゃん達が人懐こくて楽しそうに遊ぶ姿を横目に、じっと佇み動かずでした。

抱っこはさせてくれました。
でもそれはもしかしたら怖くて動けないのかも・・と思う程。
ほとんど下を向いて過ごしていました。


知らない環境で、朝ケージから出しても震えが止まりませんでした。
ご飯も、ケージの中のペットシーツで一旦隠してから食べる。
残りはお持ち帰り用に人が包んだようにきれいにラッピングされていました。

翌朝そのフードは完食。
ウンチもケージの中でしかしませんでした。

長い間をケージの中で過ごしたであろう過去。
想像してあげることが出来ても、本当のところは分からない。
じっと息をひそめるように生きて来たのでしょうか。

お腹には刻まれた帝王切開の跡があり、
カフェに来たときにちょうどヒートになっていたためフロア内のケージからのスタート。
お散歩も全く最初は震えて歩けません。

賑やかなフロア内とは対照的に、じっとその中で過ごすラッキーは、息はしていても生きれてはいませんでした。

でも少しづつ変化もありました。
4日後のお散歩は少し歩きました。
シッポも上がっていてちょっとだけフリフリ。
ケージに寄ってくるワンちゃんがいると、ちょっと唸って気付かないほどの小さな威嚇。

一日一日、ほんの少しづつですが成長の兆しが見えたラッキーでした。

お問合せは本当にたくさんいただきました。
面会予定もたくさんいただきました。
その中で、お電話でのお問い合わせの後木曜日来てくださった里親様。
実は一か月ほど前に一度、カフェに来てくださっていました。
その時には気になるワンちゃんがいたのですが、ご縁に繋がらずお帰りになられていました。

その後、気になるワンちゃんがいても早くにお家が決まってしまってなかなかタイミングが合わずに、気がつくと1か月過ぎてしまったそうです。
今回はラッキーの紹介文の「震えている」というところが亡くなられたワンちゃんと重なり、
この日、お嬢様と一緒に急ぎ会いに来てくださいました。
「離せない」
そうおっしゃられて、ずっとラッキーを抱っこしてくださっていた里親様。

過ごしていただいていた間、その場だけ時が止まっているようでした。
途中、気になられたご主人も来てくださっていました。

長くお考えくださった後、お家にとお申出くださった里親様。
卒業写真には映っていませんが、今日は息子さんもご一緒にお迎えに来てくださいました。
ご家族でラッキーちゃんの事を幸せにしてくれる・・。
そんな温かいお家。

そう感じさせていただき、とてもとても嬉しい卒業になりました

里親様へ。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして本当にありがとうございました。

優しく包むような抱っこ。
その様子を拝見していて、私自身、温かな気持ちにさせていただきました。
慣れるまでの間、きっとご苦労をお掛けすると思います。
また、今の性格が全てでは無く、
もしかしたら、気の強い女子に変身するかもしれません。
ですが、どうぞラッキーの全てをご理解いただければ幸いです。
またぜひ、慣れた頃カフェにも遊びにきていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたしますね。

帰られてからいただいたお写真は・・・。
クッションや座布団に乗ったまま動かず、やっぱり固まって動かない姿。

でも大丈夫。
「お家に慣れてくれるのを待ちます」
と言っていただきました。

新しくつけてくださった名前は・・・。
「モモちゃん」
可愛いお名前をありがとうございました。

モモちゃんへ


初めてのカフェはきっと怖かったね。
何をされても抵抗できず、ただただ怖いという感情だけが伝わってきたよ。
でもね、今までの生活は本当の生活ではないから。
ご家族に愛される事。
大切にしてもらう事。
これからはモモちゃんにとってパラダイスな毎日になるから。
だからもう下を向かないで、真っすぐ前を向いて生きてね。
少しでも早くお家に慣れますように・・・。
卒業ほんとにおめでとう


アヤメちゃん



アヤメちゃんもラッキーちゃんと同期。
6月23日にカフェにやって来ました。
6歳。
トイプードルだけれど、お腹には帝王切開の跡があります。
アヤメちゃんはラッキーちゃんとは対照的なワンちゃん。

その夜、撮影のためにフロアに出てもらったのですが、その瞬間からお膝にちょこんと乗って来てくれました。
降ろしても乗る。
降ろしても乗る。
の繰り返し。

それは斜めになっているお膝にも必死で乗って来てくれました。

また、人をじっと見つめてくれます。
「私を見てビーム」が可愛くて、ついついまた抱っこ。
そんな初対面でした。
そしてどんな人のお膝にも乗ってくれました。


おやつも、ご飯も大好き。
無駄吠えどころか鳴くことも無く、お散歩も比較的上手に出来て、ほんとに優等生。
カットは今では珍しいクラシックカットをしてもらっていましたが、似合っていました。

里親様はSNSを見て、お子様と一緒に水曜日(フロアデビューの日)にカフェに来てくださいました。
昔動物関係のお仕事に就かれていたお母様。
ご実家ではワンちゃんをたくさん飼っておられたベテランさんです。
そして、少し前までパグを預かっておられたそうです。
そのお預かりしていたパグちゃんが可愛過ぎて、お返しした後ご家族はワンちゃんロスになってしまわれたとのこと。
そしてカフェを訪れてくださったものでした。

その日、アヤメちゃんをお膝に乗せてくださっていた里親様。
クラシックカットがお好きだそうで、アヤメちゃんの事をたくさんご質問くださいました。
歯石重度と耳マラセチア。
どちらも決して軽い症状ではありませんでした。
でも、それは受け入れてくださった里親様。
ただ、アヤメちゃんの事以外で気がかりなことがあったため、この日はお帰りになりました。

翌日、お母様だけでご来店。
気がかりなことはまだあるものの、とにかくアヤメちゃんに会いたくてお越しくださいました。
その時に、アヤメの毛を櫛でふわっふわに梳いてくださった里親様。


こんなに変わるものかと思うくらい、更にふわふわ美人に変身していました。


さらに日曜日。
この日は里親様のお母様とご一緒にカフェに来てくださいました。
もしお留守にするときには、ご近所のお母様に預かってもらう機会があるからとおっしゃられて・・。

そして今日。
気がかりになることが無くなられたとのことで、お電話をくださりアヤメを迎えにきてくださいました。

5日間のうち、4日をカフェに来てくださった里親様。
その間たくさんお話をさせていただきました。
こんなにアヤメちゃんの事を気にってくださっていること。
アヤメを可愛いと言ってくださったこと。
ワンちゃんの知識も多く、安心であること。
アヤメにとって一番の環境であること。

それは何より素敵なお家でした。

里親様へ
素敵なご縁を繋げていただいたことに、心から感謝しています。


甘えたさんでお利口。
そんなアヤメちゃんにとって、これほどの環境は無いと思います。
ご家族皆さんで、アヤメちゃんとの楽しい思い出をたくさんつくってくださいね。
今日は残念ながらご主人にはお会いできませんでしたが、どうぞよろしくお願いいたします。
またぜひ、お近くなので遊びに来ていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

帰られてからすぐにお写真をいただきました。
早速ご主人のお膝で寛ぐアヤメちゃん。
笑顔でした


アヤメちゃんへ

「アヤメ!」
って呼ぶと、くるっとこちらを向いてのお座りが可愛かったよ。
いつもじーと見つめてくれて、
それがとってもいじらしくて大好きだった。
新しいお家は、キャンプとかに連れて行ってもらえるらしいから
いっぱい楽しいことして、幸せになってね。
健康にはくれぐれも気を付けて・・・。

卒業、ほんとにおめでとう

里親様がつけてくださった新しい名前は・・。
「アメちゃん」
覚えている名前に近い、こんな可愛い名前にしてくださいました。
ありがとうございました。

では。

のりすけくん卒業。

こんばんは。
今日はお迎え待ちだったヨークシャテリアののりすけくんが無事卒業しました



6月16日にカフェにやって来たのりすけくん。
とってもイケメン男子でした。

この日カフェは同期が5頭。
そのうち男子はのりすけくんだけ。
保護犬は女子が多く、それは繁殖引退犬が多いゆえです。

元気で活動的。
夜の初フロアでは楽しそうに走り回っていたので、なかなか写真が撮れない元気印。
既往症もあまり無く、5歳と若手。


すぐに里親様が決まる予感でした。

カフェデビュー2日目。
里親様はのりすけくんに会うためにカフェに来てくださっていました。
この日はチワワのすみのちゃん(現なつちゃん)、トイプードルのお菊ちゃん(現姫ちゃん)のご契約を相次いでさせていただいていましたのでお席にお伺いできず、お帰りになる際に少しお声を掛けさせていただいた程度でした。
ですが長い時間、のりすけくんをお膝に抱っこしていらっしゃる様子を、契約席から拝見していました。
愛おしそうに、ぎゅっと抱きしめていた里親様。
ボランティアさんからお話をお聞きすると、明日から3日間お家をお留守にされるそうだ、とのことでした。

その日からちょうど3日後の日曜日の夕刻。
里親様からお電話をいただきました。
「のりすけくんの里親様はまだ決まっていないでしょうか」
とのお問合せでした。

その時、のりすけくんに会いに来られているお客様が2組いらっしゃいましたので、明日朝もう一度お電話をいただくことをお願いし、翌日お電話の後、カフェを再度訪れてくださいました。

土日に里親様が決まることが多いカフェ。
ご家族連れで来られるタイミングは、やはり土日が圧倒的。
のりすけくんも例外ではありません。
金土日と会いに来てくださる方も少なくありませんでした。
でも、のりすけくんの赤い糸はその時どこにも繋がってはいませんでした。

伺ったお話によると、先日のりすけくんをSNSで見つけて、何も考えずとにかく会いに行きたいと車に飛び乗られた里親様。
里親様はヨークシャテリアを亡くされていました。
名前はロブ君。
悪性リンパ腫でたった8歳で命を落としてしまわれたそうです。
そのロブ君に、のりすけは少し似ていました。
本当は最初に出会ったその日、もうお心は決まられていたのだと思います。

ドキドキの3日間を経て、繋がったご縁。
里親様不在の3日間をのりすけは待っていてくれたのです。
このご縁はきっと運命のように感じました。


ご都合で卒業は今日になりましたが、お嬢様も一緒にお迎えに来てくださいました。
ご準備万端。
幸せな卒業になりました

里親様へ。

この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして本当にありがとうございました。
ロブ君との若くて悲しい別れがあったからこそ、今回のご縁に巡り合っていただけました。
もしかしたら悲しむ里親様のためにロブ君が用意してくれた奇跡なのかもしれませんね。
今日からは笑顔で素敵な毎日を過ごしていただけましたら幸いです。
そしてまた、お家に慣れた頃にぜひカフェに遊びに来ていただけると嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

里親様は帰られてからお写真を送ってくださいました
散々お家の中の臭いを嗅ぎまわり、扇風機に驚いて、テレビの音に震えて、ガラスに映った自分の姿をガン見して・・。
いいして、お水もたくさん飲んで、ご飯も少し食べて・・・。
寝たそうです(笑)

もしかしたら、いえ、絶対大物ですね
そんな順調なスタートだったようです。

のりすけくんへ

新しいお家の居心地はいかかですか?
カフェではふくろうくんや、ヒート女子がいたので窮屈な思いをさせてしまったから
きっと今頃は快適、のびのびだと思います。
でもお利口にしてくれてありがとうね。
これからは健康でご機嫌で。
ロブ君の分まで長生きしてください。

卒業、本当におめでとう\(^o^)/

里親様が新しくつけてくださった名前は・・・。
「ウィルくん」
です

では。