保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

新メンバーが来ました(ワン69期生・ニャン3期生)

こんばんは。
今日、新しいワンちゃん69期生4頭と・・・ニャンコ3期生1頭がカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃん

アルルちゃん ♀ フレンチブルドック 2010年頃生まれ(推定6~7歳)  10.6㎏ 色:ブリンドル
aruru003@.jpg
aruru004@.jpg
とっても人懐こいフレブルアルルちゃん。
「アルっ!」て呼ぶと、足早に近づいて来てくれてペロペロしてくれて、とってもフレンドリー
aruru011@.jpg
写真を撮るためにフロアに出してあげると、とっても楽しそうに走り回っていて、元気印。
aruru006@.jpg
aruru005@.jpg
aruru009@.jpg
人が大好きな甘えん坊さんです
ちょっと重いけど、抱っこも大好きですよ。
aruru008@.jpg

ミオちゃん ♀ マルチーズ 2011年7月13日生まれ(6歳)  2.4㎏ 色:ホワイト
mio002@.jpg
mio001.jpg
2.4㎏ととっても小さくて可愛いマルチーズの女の子
mio006@.jpg
物怖じしなくて、大きなワンちゃんにも負けていません(笑)
初めてのフロアでも走り回って元気いっぱい
mio003@.jpg
抱っこも大好きで、とっても甘えたさん。
人見知りも全くないので、人気の予感です。
mio007@.jpg
mio005@.jpg
美人さんですよ。

ふうなちゃん ♀ トイプードル 2016年10月8日生まれ(9ヵ月)  5.0㎏ 色:アプリコット
funa008@.jpg
まだ9カ月の幼いふうなちゃん。
顔つきはまだあどけなくて、とっても可愛いくて・・・。
funa004@.jpg
ちょこんと座っている姿は、まるでぬいぐるみの様。
funa012@.jpg
目が合うとなぜかお座りしちゃいます
funa010@.jpg
手を出したらペロペロしてくれて、とってもプリティ。
とにかく可愛い女のこです
funa003@.jpg
funa002@.jpg

モンキーくん ♂ ミニチュアシュナウザー 2010年7月26日生まれ(6歳)  9.6㎏  色:レバー
monkey005.jpg
ダンディなモンキーくん。
とっても男前です
monkey0001.jpg
特にじっと見つめてくれるオメメがとっても綺麗。
約10㎏と少し大きめですが、性格はおとなしくてとっても穏やか。
優しい男の子です。
monkey006.jpg
目が合うと、ささやかにシッポを振ってくれました
母性本能をくすぐられるモンキーくん。
monkey004.jpg
monkey003.jpg
monkey002.jpg
可愛いです

ネコちゃん

トレインくん ♂ 雑種 2017年1月頃生まれ(推定6ヵ月)  2.8㎏  色:黒  去勢済
train001.jpg
川西初のネコ男子が来てくれました。
でも、まだ子猫ちゃん。
とってもイケメンです。
train002.jpg
でも飼育放棄されていて、怖くて怖くて…怯えています。
今日は気が付くと、エアコンの上に逃げ込んでしまいました。
train003.jpg
train004.jpg
train005.jpg
慣れるまで少し時間がかかると思いますので、しばらくネコ部屋は里親様ご希望の方のみのご入室にさせていただきますね。
優しく見守っていただければと思いますので、ご協力をお願いいたします


新しいワンちゃんが4頭、ネコちゃんが1頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」



保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。

またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

では。
スポンサーサイト

マーブルちゃん、コロネちゃん、ラブカちゃん、ニコ丸くん 卒業

こんにちは。
Mダックスのマーブルちゃん、アメリカンショートヘアのコロネちゃん、ミニチュアピンシャーのラブカちゃん、柴のニコ丸くんと、昨日はとっても嬉しい卒業ラッシュの1日になりました

マーブルちゃん
mable023.jpg
予定通り、ご家族みんなでお迎えに来てくださいました。
新しい名前は・・「ココちゃん」
姫にピッタリの可愛くて呼びやすいお名前です。

姫はほんとうにおっとりさん。
そして大勢の中は苦手(多分)。
閉店間際のお客様が帰られた広々とした空間なら、ちゃんと歩いて自分でお水も飲みに行くけれど、人がたくさんいる空間ではじーっとしています。
mable022.jpg
だから、一日でも早くお家が決まりますように・・。
その願いを叶えてくださった里親様。

優しいご家族のもとで今まで頑張った過去を取り戻して、姫にだけへの愛情をいっぱい注いでもらって、可愛がってもらって幸せに暮らして欲しい・・・。
そう思います。

帰られてから、たくさんのお写真を送ってくださいました。
mable019.jpg
mable018.jpg
休憩しながら、リビングをゆっくり探索したココちゃんだそうです。
カフェでは見せてくれることのなかったこの笑顔。
mable020.jpg
malbe021.jpg
私は嬉しくて涙ぐんでしまいました。

遠い宍粟市から川西へきてくださったご縁。
そして川西で姫に出会ったご縁。
出会った奇跡。
感無量です。

mable025.jpg
里親様、ココちゃんと出会ってくださってありがとうございました。
お家の子にしてくださってありがとうございました。
ご飯をなかなか食べてくれないので、ご苦労をかけると思いますが、きっと落ち着いたら食欲は出てくると思います。
どうぞ、気長に慣れるまでよろしくお願いいたします。
そして、遠いので、また来てくださいね・・とは言えませんが、繋いでくださったLINEにココちゃんの可愛いお写真をお送りいただければ幸いです。

mable024.jpg
ココちゃんありがとう。
元気でね。
またね。

コロネちゃん
coro019.jpg
里親様は一昨日カフェに来てくださったご家族です。
一年前、飼っていたネコちゃんを亡くされていました。
その前にも長い寿命を生きたネコちゃんがいたそうです。

亡くされた後は、なかなか悲しみから戻れなかった里親様ご家族。
お知り合いからネコを飼わないか、という依頼にもその気にはならなかったそうです。
でも今回息子さんがネットでコロネちゃんを見つけてくださいました。
そして一昨日、お父様、お母様、息子さんの3人で会いに来てくださいました。
長い事ネコ部屋で触れ合ってくださった里親様ご家族。
coro022.jpg
最後に既往症をお伝えしました。

コロネちゃんはネコにしては珍しく人見知りがありません。
まるで、ワンちゃんのような性格です。
だから、人気抜群。
coro010.jpg
ネコ好きでなくても、人を魅了する力を持ち合わせていました。
ネコ部屋を訪れるお客様のお膝にも躊躇なく乗ってくれました。
行動力もバツグン。
朝、ワンちゃんをフロアに出す前にネコ部屋を開けた時。
営業終了時にワンちゃんが犬舎に入った時。
ネコ部屋の扉を開けると、颯爽と出て来て、フロアをくまなく楽しそうに駆け回っていました。
coro013.jpg
ルンルンという声が聞こえてくるようでした。
壁によじ登ったりして遊んでいたコロネちゃん。
coro014.jpg
最初引っ込み思案だったメアリーちゃんを誘って、フロアで遊んでもくれた優しい性格の持ち主です。

ただ、コロネちゃんには乳腺腫瘍がありました。
小さなものが多数。
引き合いもありましたが、そのことをお伝えすると決まりませんでした。
猫の場合、乳腺腫瘍はほぼ癌だからです。

今回もそのことを里親様にお伝えしたのが一昨日。
その後、やはりカフェを後にされました。
それは無理もないと思いました。
何故なら、以前飼っていらっしゃったネコちゃんを乳腺腫瘍で亡くされていたからです。

でも・・・・・・。
昨日またカフェに来てくださったのです
coro020.jpg
そして「コロネちゃんを引取りたい」
そう言ってくださったのです。
お聞きすると、もう一昨日の帰りにはお父様は「引き取ってあげたい」と言ってくださっていたそうです。

早期治療なら寿命まで生きれる可能性はあります。
去年亡くなった私の飼い猫は、手術をして17歳まで生きてくれました。

その可能性を信じ、コロネちゃんにつけてくださった名前は・・
「未来ちゃん」。
一緒に未来を生きてほしいと願いつけてくださったのです。
coro017.jpg
良かったね、未来ちゃん。
本当におめでとう

寿命は神様が決める事です。
保護犬・保護猫達に残された時間をただ消化するのではなくて、生かしてあげてほしい。
生きる時間を、幸せに一緒に過ごしてもらうこと。
私の願いは、ただそれだけです。

そのことをご理解くださったからこそのお申し出。
感無量でした。

帰られてから、くださったメールには、すでにリラックスモードの未来ちゃんの姿が・・・。
coro024.jpg
coro025-1.jpg
coro026.jpg
最初はテーブルの下でご飯を食べていたそうですが、次は早くも定位置で食べたそうで・・・(^_^;)
さすがです(笑)

たった1ヶ月の間でカフェスタッフとお客様の心をつかんだ未来ちゃん。
里親様宅で、もうわがもの顔。
見ていて安心しました。

coro023.jpg
里親様、未来ちゃんをお家の子にしてくださって本当にありがとございました。
色々お話をさせていただいて、素敵なご家族に未来ちゃんを託させていただけて、本当に嬉しく思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!

コロネちゃん、いえ未来ちゃん。
ご家族と一緒に、素敵な未来をね~。

ラブカちゃん
labu013.jpg
里親様は今日、茨木市から来てくださったご家族です。
最初、「ラブカちゃんはまだいますか?」とお電話をくださっていてのご来店でした。

里親様のお家には11歳の先住犬のミニチュアピンシャーななちゃんがいるそうです。
チワワもいたそうですが、亡くなってしまいななちゃんが寂しいと思って、ワンちゃんを探されていたそうです。
一度ミニピンを飼うと、ミニチュアピンシャーが可愛くて。。。
と、ミニチュアピンシャーを探していらっしゃいました。

ラブカはお母様がTwitterで見つけてくださいました。
お耳がボロボロでしかもあちこち禿げていたラブカ。
labu010.jpg
何故にこんな事になってしまったか、理由はわかりません。
でも他にも保護されたミニピンはいたのに、なぜかラブカが気になって仕方がなかったそうです。

とても気に入ってくださいました。
ご一緒に来られた息子さんにも抱っこされて・・・。
labu014.jpg
6月29日に来た当初は、手を出すとビクッとして逃げて行ったラブカでした。
徐々に人慣れて来てくれましたが、フロアのワンちゃんとは上手に遊べても抱っこはあまり好きではありませんでした。
ようやく、この数日で抱っこできるようになったのです。

ただ、先住犬のななちゃんとの相性は気になるところ。
先住のななちゃんは2.5㎏と小柄ですが、人が苦手だそうです。
今日、連れてこようかと思ったそうですが、きっと激しく鳴くのでご迷惑かと思い断念したそうです。

もし、相性を確かめずにお家にラブカを連れて帰ったら、少しご苦労をおかけすることになるかもしれないですが・・・。
そうお話をしました。
でも、次回カフェに来れるとしたら8月。
それまでラブカちゃんがカフェにいるとは限らない。
長い事お考えになっていました。
長い事悩まれていました。
一生懸命考えられていました。

それでも、お家に迎えたい・・・。
最後にご確認させていただいたときには、そのお気持ちは決まっていました。

お話をさせていただいた里親様のお人柄。
会って間もない里親様との間に感じた信頼感。
それは確かなものでした。
ボロボロのラブカを見ても、「見た目など関係ない」
そう言い切ってくださった里親様。
labu012.jpg
この里親様なら大丈夫。
絶対大丈夫。
最初はきっとお手数をかけるとは思うけれど、2人の息子さんと一緒に乗り切ってくださる。
その直感に従おうと思いました。
そう思いました。

決めてくださった時にラブカにおめでとうを言った私を、目に涙をいっぱい溜めて見つめてくださっていました。

ラブカに素敵なお家が出来ました
帰られてからいただいたメールには・・・。
labu016.jpg
「先住犬のななちゃんが吠えまくっておりますが、ラブカちゃんは堂々たるものです。時間はかかると思いますが、仲良くなってくれると信じて、家族で頑張っていきます」
そう書いてくださいました。

labu015.jpg
里親様、今日はラブカちゃんの里親様になってくださって本当にありがとうございました。
お考えの間、息子さんとラブカちゃんに触れ合ってくださっていたとき感じた優しさに、私自身がとても感動し、また癒されました。
最初はお手数をおかけすると思いますが、どうそよろしくお願いいたします。

そして名前はそのまま…
「ラブカちゃん」です
labu011.jpg
ななちゃん、どうかラブカちゃんをよろしくお願いします。
お手柔らかにね~。

ニコ丸くん
niko015.jpg
里親様は神戸市西区からきてくださったご夫婦です。
以前にも柴をかっていらっしゃったそうですが、寿命より早く亡くされていたそうです。

ネットでニコ丸くんを見つけて会いに来てくださいました。
最初はただ、見に来ただけ・・・。
ちょっと会ってみるだけ。
そのおつもりだったそうです。
お昼過ぎにカフェに来られてから、長い時間ニコ丸くんと触れ合ってくださっていました。

ニコ丸はまだ6ヵ月。
ブリーダーからの保護です。
既往症も特に無く(簡単な診断ですが)、停留睾丸でもなく、保護された理由は不明です。
niko004.jpg
やんちゃ盛りで遊びたい盛り。
なのに残念ながらカフェではフロアのケージの中にいました。
niko007.jpg
それは小さなワンちゃんとの体格差です。
ワンちゃん自身に悪気がなくても、柴犬のように大きなワンちゃんの歯があったただけで小さなワンちゃんは傷つくことがあります。
命にかかわることもある。
以前接触事故があったため安全を考慮しているためです。

niko008.jpg
でも、ニコ丸は遊びたい。暴れたい。
可哀そうでした。
3連休で来てくださったお客様に、縄やおもちゃで遊んでもらっていましたが、それでも出たい、遊びたい。
毛布や紐をカジカジ・・・。
時折ワンワン。
niko012.jpg

今日はマーブル姫、コロネちゃん、ラブカちゃんが卒業して行きましたが、その卒業拍手にニコ丸はワンワンと鳴いていました。
その間、里親様はニコ丸をずっと抱っこしたり、遊んだりしてくださっていました。

そんなニコ丸に触れ合って抱っこしてくださっているうちに、里親様は心が動かれたのだと思います。
最後にラブカを見送った後、戻って来た私に声をかけてくださいました。
「ニコ丸くんを引取りたいのですが」と。
時計は5時半を回っていたと思います。

niko016.jpg
最初は本当に見に来ただけだったそうです。
でも、抱っこしてしまったらダメでした。
可愛くてしょうがありません。
そう話てくださいました。

帰られてから、里親様メールを送ってくださった里親様。
それにはお写真と共にこんな言葉を添えてくださっていました。
niko018.jpg
niko019.jpg
niko020.jpg
「ご飯も勢いよく食べてくれて、今はおもちゃで遊んでいます」
「帰りの車内でもほんとにいい子で、なんだか前からうちの子だったんじゃないかと思うくらい落ち着いて寝てくれました」
「これからの生活がとても楽しみです」

里親様、こちらこそニコ丸くんと出会ってくださってありがとうございました。
niko017.jpg
閉鎖された空間からやっと自由な空間へ連れ出してくださいまして、ありがとうございました。
また、お家に慣れた頃、しつけをびしっとしてくださったニコ丸くんと一緒に遊びにきてくださいです。

そして新しいニコ丸くんの名前は・・・。
「ジェフジくん」。
前のワンちゃんがジェフくんだったので、2代目ジェフくんと思ってつけてくださったそうですよ。

niko010.jpg
ジェフジくん。
ほんとにおめでとう
幸せにね。
またね~。


この3連休に、たくさんのお客様がカフェに来てくださいました。
お席をシェアしてくださったり、2人席に4人お掛けいただいたりもしました。
ご協力ありがとうございました。
また、満席でお入りいただけなかったお客様もいて、本当に申し訳ごさいませんでした。



Twitterでもお知らせをしていますが、来る8月9日(水)に改装工事を行います
たくさんのお客様にお掛けいただけるように、またワンちゃん達がすごしやすいようにと少し改良をいたします。
8月9日(水)は休業とし、翌10日(木)は予備日となりますので、工事が長引くようでしたらまたネット上で随時お知らせをいたします。
ご不便をおかけしますが、ご協力とご理解をいただければ幸いです。


では。

チロくん無事卒業、そしてマーブルちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、無事トイプードルのチロくんが卒業しました
そして・・・ミニチュアダックスフンドのマーブル姫の里親様が決まりました

チロくん
tiro0013.jpg
里親様は先住犬のチワックスのレンちゃんと一緒にお迎えに来てくださいました
そのレンちゃんとお揃いのお洋服、首輪、そしてハーネスを持って・・・。
tiro0007.jpg
↑レンちゃん
tiro0008.jpg
↑レンちゃんにご挨拶
tiro0012.jpg
↑ハーネスと首輪着用
首輪はレンちゃんとお家の柴ちゃんと、全員お揃いです。

2週間のカフェ滞在期間にちっちゃな身体で旋風を巻き起こしたチロくん。
存在感は十分でした。
tiro0011.jpg
人が大好きで、寄って来てくれてはペロペロしてくれたチロくん。
ワンちゃんも大好きで、常にワンちゃんと遊んでいたチロくん。
あまり鳴くことはなかったけれど、とっても賑やかだったチロくん
フロアをくまなく走りまわっていたチロくん。
おやつ大好きだったチロくん。

良かったね。
お家と弟が一緒に出来たね。

帰られてからいただいたメールに、チロくんの写真をいっぱい添付してくださっていました。
生まれて初めて(たぶん・・・)の散歩は、帰り道。
レンちゃんはお散歩好きなので、一緒にトコトコ歩いたそうですよ!
tiro0018.jpgtiro0017.jpg

ご飯もぺろっ。
ウンチも済ませて・・・レンちゃんと仲良く遊んで・・・。
tiro0019-1.jpg
tiro0020-1.jpg

最後はお膝でオネンネ。
tiro0021.jpg
チロくんはとても大物でした

里親様、チロくんを見つけてくださり、遠い堺市からカフェに来てくださってありがとうございました。
歯の状態の事、チロくんの性格の事をご理解くださり、充分にお考えくださって引取ることを決めてくださった事、心から感謝しています。
tiro0015.jpg
そして、今日チロくんをお迎えに来るのにお車を出してくださたご友人様も、遠くから来てくださいましてありがとうございました。
遠いのですが、また時折チロくんとレンちゃんと一緒に遊びに来てくださいね。
お待ちしています

たくさんの人に見送られ、賑やかに卒業していったチロくん。
tiro0014.jpg
新しい名前は・・・
「そらくん」 になりました
ネットで写真を見た瞬間、「そら」って思ってつけてくださったそうですよ。

tiro0016.jpg
じゃあね、そらくん。
またね。元気でね。
みんなと仲良くね~。


マーブルちゃん
mable011.jpg
里親様は今日、兵庫県宍粟市(しそうし)から来てくださったご家族です。
おばあちゃん、お母さん、お嬢様。
初めてのご来店で、お車で2時間かけて来てくださいました。
いつもblogを見てくださっていたそうです。

最初お話しさせていただいたときは、、小さ目のトイプードルの女の子を探しておられました。
以前はMダックスの男の子を飼っていらっしゃったそうです。
でも、来られてすぐMダックスのマーブルちゃんを見つけて可愛いといってくださっていました。
探しておられたワンちゃんとは全く違ったけれど、優しい雰囲気、上品な顔立ち、おっとりしているマーブルちゃんを、ご家族でずーっと抱っこしてくださっていました。

mable012.jpg
その間に、既往症の事、川西にきてからの状況の事。
それからもし引き取る場合のご契約の流れ・・・等々。
ご説明させていただきました。

マーブルちゃんはぽっちゃりさん。
今後の事を考えると、ダイエットが必要です。
ダックスは胴が長い分、ヘルニアになりやすいからです。
また、木曜に川西にきてからご飯を食べてくれません。
あの手この手でいろんなフードを只今模索中です。
緊張からくるものなのか、ブリーダー時代のフードと違うからなのか・・・。
ブリーダー犬出身ワンちゃんのほとんどが、ご飯をあげると瞬時に平らげてしまう中で、今までも数頭食べてくれない子はいましたが、1週間もすれば食べてくれるようにはなります。
でも最初は色々試していただかないといけません。
そのこともお伝えしました。

そして数時間が過ぎたころ・・・。
「マーブルちゃんを引取りたい」
とお申し出があったのです
お聞きすると、最初からお嬢様はマーブルちゃんをとてもとても気に入ってくださっていたそうです。
mable017.jpg
でも長く過ごしていただいて、十分お話をしてくださって決めてくださいました。

マーブルちゃんは奥手。
大勢の人やワンちゃんがいるカフェでは、本来マーブルちゃんが持っている性格や行動力をまだ発揮できないでいると思います。
mable016.jpg
落ち着いた静かな環境に、一日でも早く行かせてあげたいと思う私の願いが叶いました。
里親様のお家は、おばあ様がずっとお家におられるそうです。
なので、お留守なし。

ほんとうに素敵なお家が見つかりました。
卒業は明日の月曜日。
午後からになります。

mable014.jpg
姫、良かったね。
本当におめでとう

では。

MACANAちゃんのご報告

おはようございます。
皆さんに元気玉をお願いしたMACANAちゃんですが、残念ながら一昨日の手術がうまく行かず手術中止となりました。
万全の体制を整えてくださった手術でした。
身体への負担を考えてカテーテル手術を行ったそうですが、奇形ともろくなってた血管で想定外の事が起こってしまい心肺停止になったそうです。
maca001.jpg

「手術中に心臓から出血し心肺停止状態になった。これ以上は危険なため手術を中断し覚醒させます」
この連絡が入った時、里親様はただただどうしたらいいか分らず涙が止まらなかったそうです。

でも、普通は心肺停止になったら、鼓動は復活しないと思います。
でもMACANAちゃんの心臓は動き出したそうです。

「まだ生きたい・・・」
私にはMACANAちゃんがそう思っているのだと感じました。
maca002.jpg

手術をしなければ、元気に生きたとしても4歳を迎えることは厳しい。
生きるためには手術しかないので、里親になったこともカテーテル手術を受けさせたことも後悔はしていない。
私がMACANAの里親になったのには必ず理由がある。
それは、私達家族とこれから10年以上幸せな時間を過ごすため。
そう信じています。
こんなに沢山の皆様にパワーをもらって、みんなに愛されているMACANAの母親になれて、私は幸せです。

昨日くださったメールに書いてくださった里親様。
私は涙が止まりませんでした。

沢山の元気玉はMACANAちゃんに届いていると思います。
昨日の午後、眠りから目覚めたMACANAちゃん。
1か月後、今度は開胸手術に臨まれるそうです。
maca003.jpg

私は奇跡を信じています。
奇跡は起こると信じています。

1カ月後、また皆さんのパワーをお貸し下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。
makana002.jpg

鈴子ちゃん・トミーくんの卒業、そしてラビちゃんの里親様決定

こんばんは。
今日無事、柴の鈴子ちゃんとトイプードルのトミーくんが卒業しました
そして、一昨日夜カフェに来たばかりのフレンチブルドッグのラビちゃんの里親様が見つかりました

鈴子ちゃん
suzu029.jpg
里親様、そして上のお嬢様と三女のお嬢様と一緒にお迎えに来てくださいました
新しいハーネスを付けてもらって、すっかり飼い犬に変身です
suzu032.jpgsuzu033.jpg

6月22日に川西にやって来た鈴子ちゃん。
来た日は右のお耳が痛んでいました。
外耳が真っ黒。臭いも強烈にしていました。
でも、病院で治療してもらっている間も、全く嫌がる素振りも見せず大人しくてお利口さん。
人間が大好きで、抱っこも大好き。
いつも可愛い笑顔を見せてくれていました。
ほんとうに可愛い鈴子ちゃんスマイルは、たった約20日でたくさんの鈴ちゃんファンを魅了していきました
suzu028.jpg

鈴ちゃん。
制限された場所での暮らしは、もう終わりだよ。
長い時間きっと寂しかったと思う。
辛かったと思う。
けれど、今日からは、自由な暮らしの始まり。
このご家族なら絶対大丈夫だから、みんなに可愛がってもらって幸せにね。
鈴ちゃん、ほんとうにおめでとう
そして、飛びきりの鈴ちゃんスマイルをありがとう。
suzu021.jpg

里親様は帰られてから、たくさんの写真と動画を送って来てくださいました。
ほんの一部ですがお見せしますね。
suzu036.jpgsuzu037.jpg
suzu038.jpg

そして・・・上のお嬢様が鈴ちゃんとの出会いを素敵な漫画にしてくださいました。
ご紹介しますね~
suzu034.jpg
suzu035.jpg
里親様、鈴ちゃんの里親様になってくださって本当にありがとうございました。
一生懸命お母様を説得してくださったお嬢様もありがとうございました。
送ってくださった動画やお写真から、鈴ちゃんへの愛が溢れていて、感無量です。
これからの鈴ちゃんをどうぞよろしくお願いいたしますね。
そして、またいつでも鈴ちゃんとカフェに遊びに来てくださいです
suzu031.jpg

そして・・・
鈴子ちゃんの新しい名前は、
「鈴ちゃん」になりました
環境が変わり、生活も変わり、きっと不安だらけだと思うので名前はそのままにしてあげたい、とおっしゃって「鈴」の名を残してくださいました。
suzu030.jpg
じゃあね、鈴ちゃん。
またね~。

トミーくん
tomy018.jpg
里親様はご両親とご一緒にトミーくんを迎えに来てくださいました

朝、犬舎から出ると楽しくて仲間のチロくんとワチャワチャ。
昨日からはMダックスのグーちゃん、Mピンシャーのラブカちゃんも加わってワチャワチャ。
それはそれは賑やかなフロアです(笑)
さすがに夕方は電池切れで疲れて抱っこやベッドでオネムなトミーくんなのですが・・・。
tomy015.jpg
だから、やっぱりトミーくんをおうちの子にと決めてくださった日、里親様のお膝でまったりしていたのは不思議。
自分でこのお家と決めたのだと、改めて思います。

6月29日にカフェに来て2週間。
いつもカフェの中心にいたトミーくん。
おやつも大好きだったトミーくん。
甘えたさんだったトミーくん。
可愛い可愛いトミーくん。
tomy016.jpg

本当に良かったね。
おめでとう

帰られてから、繋いでくださったLINEにお写真を送ってくださいました。
tomy020.jpg
「お風呂にも入り、ご飯もたくさん食べて、只今ボールで遊んでいます」
とのことで・・・。
やはりお家でも元気な様子のボンちゃん(笑)
人見知りが無いことを証明してくれました!

tomy019.jpg
里親様、トミーくんをお家の子にしてくださって本当にありがとうございました。
沢山いるワンちゃん達の中で繋がったご縁。
見つけてくださって、出会ってくださってありがとうございました。
まだまだやんちゃ盛りのトミーくんですが、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、またぜひカフェに遊びにきてくださいね。

そして、新しい名前は・・・「ボンちゃん」
tomy017.jpg
ご主人がインスピレーションでつけてくださったそうです。
呼びやすくて、ピッタリだと思います。

ボンちゃんも、またね~。
元気でね


ラビちゃん
rabi002.jpg
おととい夜カフェに来たばかりのラビちゃん。
フレンチブルドッグにしたら8.0㎏と小柄。
性格はおとなしくてとっても可愛いお顔。
たいていの予想は・・・すぐ里親様が決まる、でした。
私もそう思っていました。

その予想通り、早くも里親様が見つかりました

里親様は今日お電話をくださっていました。
「ラビちゃんの里親様はまだ決まっていませんか?」
たしかお昼を過ぎた頃だったと思います。

そしてその後カフェに来てくださった里親様ご夫婦です。
以前ヨークシャテリアを飼っておられたそうです。
既往症のご説明をさせていただいていました。
そこに、たまたま以前ブレブルを飼っていらっしゃった方が来られて、ラビちゃんにとお洋服と暑がりのフレブルちゃんにと首に巻く保冷剤入りの首まきを持って来てくださいました。
rabi008.jpg

里親様はフレンチブルドッグを飼われるのは初めてだそうです。
ですので、隣り合わせて座っておられたこのお客様と色々お話をされていました。
ご予定があったのにもかかわらず、少しお時間を延長されて・・・。
そして、ご相談された結果、ラビちゃんをお家に、とお申し出くださいました。

誠実なお人柄、優しい眼差し。
お留守もあまりないお家での1頭飼い。
帝王切開の跡をはじめ、身体のあちこちに頑張って来た過去を身に纏っているラビちゃんを優しく見つめてくださっていた里親様でした。

rabi009.jpg
ラビちゃん、良かったね。
おめでとう

rabi007.jpg
卒業は来週日曜日の予定です。
そして行先は高槻市です。


では。