FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

07月« 2020年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

ひめちゃん卒業

おはようございます。
昨日、マルチーズのひめちゃんのお家が決まり、卒業しました



ひめちゃんは8月4日にカフェに来たばかり。
2011年11月2日生まれの8歳です。


その長い時間をどんなところで過ごしてきたのか、それは容易に想像できることではありませんが・・。
本人(犬)は人懐こくて可愛くて、名前を呼べば遠くからでも走って来て撫でてとアピールしてくれます。
性格は限りなくピュア。
他のワンちゃんとも全然大丈夫。

楽しそうに走り回った後は、ベッドで寝ていました。
おやつやご飯も大好きな、笑顔が飛び切りの女の子でした。


でも、やはり既往症はたくさんありました。
まず僧帽弁閉鎖不全症、ステージBⅠ。
耳ダニ+。

乳腺腫瘍も二カ所。
両後肢はパテラGⅢ.
歯肉炎もありました。

声帯も取られていて、鳴いても全く音が出ませんでした。

私は9歳間近のこのひめの身体を愛おしいと思いました。
今まで頑張ってきた証。
ただただ愛おしく思いました。
ですが、里親様を見つけるとなると難しい。
年齢や既往症をご理解いただかなければならず、性格だけではなかなか見つからない現実を分かっていました。

そんな思いの中、金曜日お電話をくださった方がいらっしゃいました。
そのご家族は今までも何度かカフェに来てくださっていたご家族です。
お家は遠方。カフェからお車で2時間ほどかかります。
でも、数年前からご家族皆さんでカフェのワンちゃんに何度か会いにきてくださっていました。
お家にはココちゃんという先住犬がいます。
現在10歳。
飼育放棄犬だったそうです。
お家に引き取られて7年の時を経て、ココちゃんは見た目も性格も生まれ変わったようになっています。

それで、もう一頭をお家に迎えたいとずっと探しておられました。

里親様のお心の中にあること。
それは僧帽弁閉鎖不全症で亡くなったマルチーズのことでした。
忙しかったから異変に気付いてあげれなくて11歳で虹の橋を渡ってしまったワンちゃん。
そのことをずっとずっとずっとずっと悔いておられたそうです。
だから、保護犬のマルチーズを引き取って今度は絶対に幸せにしてあげたい。
そうおっしゃられていました。
それは強い意志でいらっしゃいました。
だから、出会いのため色んな所に何度も出向かれていたそうです。

でもその出会いにはタイミングがあります。
いくら飼いたいと思っても、タイミングが合わなければ出会うことが出来ません。
今回、先週卒業したたいようくんを見に来られる予定でしたが、ご都合で来れなくなっていました。
でも、そのおかげでひめちゃんとの出会いがあったのです。
お電話で前日お問い合わせがあり、その時に決して少なくない既往症をお伝えしました。
その時の里親様のお答えは、
「年を取っていれば病気もあります。それは大丈夫ですので、とりあえず会いに行きます」
そう言ってくださったのです。

今までも何度もお話をさせていただいていましたので、里親様の優しさを私は知っていました。
実際、心が震えるほど嬉しかった。
決めてくださらなくてもいいので、会って欲しい。
そう思いました。

来られてから、もう一度詳しく既往症をお伝えし、その後バックヤードでココちゃんとマッチング実施。
ココちゃんとの相性は大切です。
ココちゃんはしつこく寄ってこられるワンちゃんが苦手。

でもそれは難なくクリアしていました。
お互いに興味はありそうでなさそうで・・。
でも過去の経験からはそれが本当は一番いいスタートなんだと知っていました。

そしてその後お考え下さり出してくださったお答え。
それは、お家に連れて帰るというお答えでした。
奇しくも、ひめちゃんも僧帽弁閉鎖不全症の既往症。
不思議なご縁を感じていました。

嬉しかったです。
優しい方にご理解いただけて、お家の子にしてもらえる。
私にとっては何よりの幸せ。

いえ、ひめちゃんにとってこれ以上の幸せはありませんでした。

帰られてからお便りをいただきました。
帰りのお車の中では、後部座席で2頭ちょこんと座っていたそうです。
ご飯は最初は食べなかったけれど、ほどなく里親様の手から完食。
トイレはココちゃんの臭いが付いていたのか、2回成功。
ココちゃんとはお互いつかず離れずでまずまず。
里親様のお膝にココちゃんがいると、ひめは息子さんの方へ構ってもらいに行ってるそうです。

同居のネコちゃん達とも全く問題なし。
だそうですよ。
そして温かなたくさんのお言葉をいただきました。
「これからはひめちゃんに楽しい思い出をたくさん作ってあげたいと思います」
「疾患が酷いほど、何とかしてあげなければと闘志がわきます(笑)」
とおっしゃられ、最後に・・・。
「この子達には残された時間を幸せに過ごして欲しいと思っています。ひめちゃんに関しては今後いつご連絡をいただいても最善を尽くしている状態であることをお約束します」
と・・・。
お読みして嬉しくて感動して、私は泣いていました・・。

里親様へ

やっと巡り合われましたね。
運命の子、それはひめちゃんだったのですね。
たくさんのものを背負ってきたひめちゃんをご理解くださってお家の子にしてくださったこと、本当にありがとうございました。
優しくて温かな里親様に託させていただけたひめちゃんを誇りに思います。
本当に心から感謝です。
これから治療など少し大変かと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

ココちゃんも、ひめちゃんのことどうかよろしくね。

ひめちゃんの新しい名前は・・。
漢字で「姫ちゃん」
名前は憶えているのですが、新しい旅立ちにと漢字にしてくださいました。
里親様ありがとうございました。

姫ちゃんへ


今までの過去はもう過去。
人のためにたくさん頑張って来たけれど
これからは姫ちゃんのためだけにあるから。
楽しい生活をエンジョイして
お家生活を楽しんでください。
優しい里親様に出会ってもらって良かったね。
幸せに・・。

卒業おめでとう

では。

スポンサーサイト



たいようくん卒業

おはようございます。
昨日、お迎え待ちだったマルチーズのたいようくんが無事卒業しました



イケワンたいよう。
名前のとおり明るくて屈託のない性格です。

8月10日に迎える6歳の誕生日はお家。
間に合いました

里親様は約5年をかけてワンちゃんをお家に迎えていただきました。
最初にお会いしたのはおそらく4年半ほど前。
お聞きすると、その時カフェには当時10歳のふくちゃん(ダックス)がいたとのことでした。
ワンちゃんが好き。
特にお嬢様はワンちゃんが大好きでいらっしゃいました。
当時、何度かカフェにお越しくださっていて、お話をさせていただいていましたが・・。
でもその時はまだ環境が整っておられない。
確かそうおっしゃられていました。
それからも何度かカフェに遊びにきてくださいました。

今回、お電話をくださったのが7月。
その時はお名前とお顔が一致していなかった私。
8月2日にお越しくださって初めて気がつきました。
お久しぶりにお会いしたお嬢様は背も高くなっていて、時の経過を感じさせていただきました。
この日、どの子を引き取りたいのかは決めておられずでしした。
だけど・・・。

お嬢様はお越しくださってからは、ほぼ最初からたいようくんをずっと抱っこ。
ヤンチャボーイのたいようも、この時はお嬢様のお膝でまったり。
優しい時間が流れていたように思います。

そしてお声を掛けてくださったので、既往症などをお伝えさせていただきました。
たいようは若年性白内障。
少し目の白濁が始まっていました。

加えて、歯はたったの2本しが残存しておらず、同然その歯は真っ黒な歯石がこびりついていました。

それに加えて、男子ならではのマーキングなど。

でも歯が無くても食欲はいっちょ前に旺盛(笑)。
おやつも一生懸命もらいに行きます。
われ先にと言うわけではありませんが、ほんとに一生懸命。

いじらしくて、可愛いところです。

いいところもそうでないところも全てお伝えするるのが私の役目です。
だから、既往症はより詳しく時間をかけてお伝えするようにしています。
しばらくお嬢様とご相談くださっていましたが、程なくたいようくんをお家にお迎えしたいとお伝えくださいました。
目が見えなくなる可能性。
それをお伝えしてもなお、お嬢様にはたいようと暮らしたいという揺るぎないお気持ちがありました。

まるでお嬢様にとって一生に一度だけの出会い。
それは、一期一会。
だったのだと思います。

少し心配性な里親様は、お迎えまでに色々ご準備くださってお迎えに来てくださいました。
私は、やっとお家にお迎えすることを決めてくださったことが嬉しくて、胸がいっぱい。
そんな卒業になりました。

里親様へ

この度、やっとワンちゃんを飼っていただけることになり感無量です。
素敵な里親様へたいようくんを託させていただけて本当に良かったです。
また、気になられていたお嬢様のアレルギーも病院で検査をしてくださってありがとうございました。
今までとは環境が変わり、色々不安もおありかと思います。
温かく見守っていただけましたら幸いです。
何かありましたら、いつでもご相談くださいね。
そしてまた、ぜひカフェに遊びに来ていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてからお便りをくださいました。
まずはお嬢様からの一報は、ベッドで暴れるたいようくんの動画。

そして昨夜と今朝はお母さまからお便りをいただきました。
お散歩の様子、ご飯の様子、夜の様子などをお知らせくださいました。
「きっと私達の方がたいよう君にやすらぎと幸せをいただくと思います。安心して幸せに生活してもらえるように愛情をもってお世話させていただきます」
そう温かで優しいお言葉を綴ってくださいました。

たいようくんへ

あのね、お嬢様に
たいようのどこが好きか聞いたんだけど
「全部」
なんだって。
可愛いからね、たいようは。
やったね!
色んな事が一からのスタートになるけど
たいようが幸せになれるよう
たいようの周りの皆さんが幸せになれるよう
カフェからずっと願っているからね。

たいよう、卒業おめでとう

たいようくんの名前は・・。
そのまま「たいようくん」になりました。
里親様、ありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン202期生)

おはようございます。
昨日、ワンちゃん2頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

ひめちゃん マルチーズ  ♀
2011年11月2日生まれ(7歳) 2.7㎏
色:ホワイト



最初は緊張していた・・と思ったけれど、とっても人懐こくなってくれたひめちゃん。
名前を呼ぶと、ご覧の通りの笑顔で振り向いてくれました


たくさんの経験をしてきたはずだけど、そんなことを微塵も感じさせない明るさが魅力。
人が大好きで愛嬌たっぷり。
おやつはもっと大好きですww


ちっちゃめな身体と小顔がチャームポイント
とってもラブリーさんです。


(声帯はありません)


 ころくくん  ロングコートチワワ ♂ 
2013年7月11日生まれ(7歳) 2.7㎏
色:チョコレート&タン


まろ眉が小さめなころくくん。
ポーカーフェイスのクールな感じのジャニーズ系イケメンです。
フロアを淡々と動き回っていても、シッポが始めからずっと上向いていて、実はご機嫌


そのツンデレさがたまらないころくくん。


ふわふわ被毛。
抱っこOKで~す。




新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。

また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。

入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただければと思います。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

アイジちゃん卒業

おはようございます。
昨日、お迎え待ちだったスムースコートチワワのアイジちゃんが無事卒業しました



アイジちゃんがカフェに来たのは7月21日。
保護されてまもなくでした。

愛嬌たっぷりすぎるその可愛さは、顔立ちに加えてのぽっちゃり体系。
さらに性格もです。

もともと口角が上がっていつでも微笑んでいるので、アイジを見ているだけでこちらは幸せな気持ちになります。

「アイジ!、アイジ!」・・・と、
名前を呼べば、遠くからでもぽっちゃりな身体を揺らして全力疾走で駆け寄って、お膝に手を掛けて抱っこアピール。

そして満面の笑みからの、ペロペロ。
私自身、アイジのお陰ですっかりスムースコートチワワが大好きになりました。

さすがにカフェに来ての何日かは大人しかったですが、日が経つにつれだんだんその全貌が明らかになり、今ではカフェのムードメーカー・・・。
すっかりカフェに馴染んで、お客様が来るとワンワン鳴いたり、おもちゃが大好きなことも判明しておもちゃをワンちゃん達と取り合ったり、おやつも前の方までもらいに行けるようになりました。


そんなアイジちゃんでしたが、カフェに来て4日目。
朝からブルブル震えが止まらず、なんか変。
あんなに好きなおやつも一口も食べません。
そう言えば2日ほどご飯も進まない様子だったことを思い出しました。
食べない時は子宮蓄膿症を疑うのが常。
アイジはお乳が垂れていて、お腹に帝王切開の傷跡も持ってました。
繁殖犬女子だったということは、その可能性を持っています。
その夜、急ぎミネルバ動物病院へ行きました。


結果は子宮蓄膿症ではありませんでした。
でも、脾臓が黒くなっていたり、腸の動きが鬱滞。

さらに簡易の神経検査で後肢に反射反応も強く出ていました。
とりあえずはステロイド注射で経過観察となりました。

でもその夜から元気を取り戻したアイジちゃん。
ご飯もりもり食べれるようになりました。
でも、実際はウエイトオーバー。

ダイエット食に切り替えても元気にモリモリが続きました(笑)

里親様とお嬢様がカフェに来てくださったのは7月26日の日曜日の夕刻でした。
お家にいた16歳のチワワのバブちゃんが虹の橋を渡ったのが今年3月。
長年連れ添ったバブちゃんがいなくなって火が消えたようになったお家。
悲しみの中でやっと、ようやく、少しお心が整われた時にカフェのSNSでアイジちゃんを見つけられて会いに来てくださったものでした。
ずっと健康だったバブちゃんに比べて、アイジは繁殖引退犬。
この日アイジの保護経緯や譲渡条件など色々お話をさせていただき、体調の事も少しお伝えしました。
その時のお嬢様はアイジに夢中。
「可愛い」「飼いたい」
そうお母様の側でささやかれていました。


お話の中で伺ったバブちゃんのことについては、それはもう大切に大切に育てておられたことは間違いなく、とても深い愛情を感じさせていただいていました。
でもお母様は慎重でした。
この日、すぐに決められることはありませんでした。

その後、再びお母様がカフェに来られたのが7月30日。
アイジに会いに来てくださいました。

この時、私はアイジの診察内容をすべてお話させていただきました。
健康ですと決して言えない。
前述の体調に加えて、避妊も歯の治療も必要になる。
それでも大丈夫だと言ってくださるのであれば・・。
そうお伝えしていました。

この日、一度カフェを後にされた里親様でしたが、再び夕刻カフェに戻って来てくださいました。
手には契約に必要な書類をすべてご用意くださって・・。

里親様はおそらく、たくさんの覚悟をしてくださりお家に子にと決めてくださったのだと思います。

そして、今日の卒業にはお嬢様も一緒にお迎えに来て笑顔の卒業になりました。

カフェでお洋服やおやつをたくさん買ってくもらった後、
新車の赤いカートに乗せてもらったアイジ。

最初はおっかなびっくりだったけれど、写真では真直ぐ正面を見ていました。
そして・・全て受け入れてもらったお家へと出発していきました。

里親様へ。
「バブちゃんは16歳までどこも悪いところが無かったけれど、
いつも心配し過ぎて、ちょっと気になるとすぐに病院に連れていっていました」
とおっしゃられた里親様の中に、命を大切にされてるお心を感じさせていただきました。
慎重過ぎるほどの心配性でいらっしゃるのかもしれません。
でも、その慎重さが命を救うことがあります。
そんな里親様だからこそ、安心してアイジちゃんを託させていただけました。
この度ご縁を繋いでくださったことに心から感謝しています。

過保護のアイジちゃんと、これから里親様の生活が笑顔溢れる毎日でありますように・・。
カフェからずっと願っています。
またぜひ、カフェに遊びに来ていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

そしてアイジへ


いつのまにかカフェのムードメーカーになってたよね。
愛くるしい目やちょっと上を向いた鼻。
ぽっちゃりお腹も、つまようじのようにちっちゃな歯も
ブヒブヒしてたところも
ほんとに全部可愛かった。
そしていつも笑っていてくれていてたこと。
アイジは人を笑顔にするために生まれて来てくれたように思う。
この世に生まれて来てくれて
川西に来てくれて
笑顔で過ごしてくれて
ありがとう。
これからはちょっとだけダイエット頑張らないとだけれど
いっぱいいっぱい可愛がってもらって、幸せになってください。


ブヒ子・・。
卒業本当におめでとう

アイジちゃんの名前は・・。
そのまま「アイジちゃん」です
里親様、ありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン201期生、ニャン37期生) その2ネコちゃん

ネコちゃんの部

ペコちゃん アメリカンショートヘア ♀
2016年8月1日生まれ(3歳)  4.5㎏
色:シルバータビー


綺麗すぎるアメリカンショートヘア、ペコちゃん。
小顔の美人さんです。


人はまだ慣れていないようで抱っこはほとんど出来ませんが、ナデナデは大丈夫。
大人しくさせてくれます。
初めてのちゅーるも美味しそうに食べてくれました。


おもちゃにも興味津々。
フロア探検も大好き。


そんなアクティブペコちゃん。
ぽっちゃりさんですが、それもペコちゃんの魅力です。

新しいワンちゃんが4頭、ネコちゃんが1頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。

また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。

入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただければと思います。






引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。