保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

福ちゃん卒業しました!

こんばんは。
季節外れの台風21号で・・・朝から雨風すごかったですね
今もますます外はひどい状況になりつつあります。

さて、こんな日曜日でしたが、カフェは賑わっていて、たくさんのお客様にご来店いただきました。
そんな中で、先週来たばかりのロングコートチワワの福くんに素敵なご縁がつながりました

fuku011.jpg
里親様は以前も何度かカフェに遊びに来てくださった方です。
今日は先週来た新しいメンバーを見に、お嬢様と息子さんを伴われてカフェにご来店くださいました。
以前はペットが飼えないお住まいだったそうですが、今はペットを飼えるお家に引っ越されていました。

ゴローくんや福くん、アイちゃんやシューくんと楽しそうに過ごされていた里親様ご一家。
「ワンちゃんをお迎えしたい場合は、どうすればいいですか?」
しばらくして、お声をかけてくださいました。
一連の流れやルールをご説明。
また、それぞれのワンちゃん達のことや、既往症などをお話しさせていただきました。
そんな中、福くんがお嬢様と息子さんのお膝にちょこんと乗っていました。
fuku013.jpg
お母様やお父様はワンちゃんの飼育経験はおありでしたが、お子様達はワンちゃんを飼われた経験は無いとのことでした。
最初、ワンちゃんを抱っこされたとき、ちょっとぎこちなく感じた息子さんでしたが・・・。
福くんはまったり、ゆったりとお子様たちのお膝でゴキゲン。
fuku012.jpg

fuku009.jpg
しばらく過ごされた後、福くんをお家に迎えたいとお申し出くださいました。
もちろんお父様のご同意はすでに取り付けてくださっていました。

季節外れの台風の日。
福くんのお家が決まりました。
ご契約の後、できればすぐにお家に連れて帰りたい・・・。
そうご希望され、雨が降りしきる中お母様はキャリーケースやハーネスなどを買いに行ってくださいました。

素敵なご家族。
それは、お話をさせていただくだけでも伝わるものです。
私たちラブファイブの理念の中にある、
「ゆっくりとふれあい、どんな子かを理解し、どんな子をお迎えしたいかを理解していただいてから、終生飼養をする覚悟を持って里親になることを決めていただく」
を、実現してくださったものでした。
まさに理想のご家族です。
fuku014.jpg

帰られてから送ってくださったメールには、
眠る福くんの写真と、ご飯をしっかり食べる福くんの動画を添付してくださっていました。
あまり食が太くないとお伝えしましたので、動画を見せていただいて本当に安心しました。
もう大丈夫!
fuku017.jpg

[広告] VPS



fuku015.jpg
里親様。
こんな台風の日にカフェに来てくださり、福をお家に迎えて下さりありがとうございました。
ゆっくりとお話させていただけて、本当に良かったです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
またぜひ遊びに来てくださいです。

福くんの名前はそのまま・・・。
「福くん」 です。
そして行先は池田市です。

fuku010.jpg
福くん、おめでとう
幸せにね。
またね~


現在、川西店は223頭のワンちゃんネコちゃんを新しい家族に引き取っていただきました。
その中で、残念なことに3頭のワンちゃん1頭のネコちゃんがすでに虹の橋を渡っています。
それでも、短い間でも・・・。
幸せに暮らさせていただいたことに違いありません。

健康や寿命は神様が決めるもの。
抱きしめてあげること。
手からおやつをもらうこと。
お散歩に連れて行ってもらうこと。
名前を呼んであげること。
それだけでいいと私は思うのです。

その神様が決めた命を全うし、虹の橋を渡るまで。
頑張ったっ子達に少しでもあたりまえの生活をさせてあげたい。
そう思い、明日からも幸せを見つけるお手伝いをさせていただきます。

今いる子達にもあたりまえの幸せが来ますように・・・。

ではまた。
スポンサーサイト

リンちゃん無事卒業しました。

こんばんは。
今日、アメリカンショートヘアーのリンちゃんが無事卒業しました

rin10.jpg

里親様は鈴のついた首輪を持ってお迎えに来てくださいました
rin9.jpg

川西に来て行った検便で寄生虫2種類に罹患していたリン。
カフェに滞在滞在していた約10日間、すべてケージの中でした。
rin5.jpg
体重が2キロ強。
ご飯は食べてくれていましたが、最初の投薬では下痢が止まらず5日後再検便。
結果、回虫がまだいてまた駆虫。
営業終了後のカフェのネコ部屋から、毎日か細いリンの鳴き声が聞こえてきました。
フルポンに移るといけないので隔離を続行。
ケージから出たくて、ケージをカリカリ。
rin7.jpg
たまりかねて、たまにフルポンをフロアに出して、リンをネコ部屋の中でしたが出してあげると、ネコタワーに登ったりしてて遊んでいました。
でも、今度は外に出たくてネコ部屋のドアをカリカリカリカリ・・・・・・。
rin1.jpg

もうちょっとでお母さんがお迎えに来てくれるからね。
ごめんね。
もう少し辛抱してね・・。
そう話していました。

そうして卒業の3日前から、ウンチが固まりだしたリン。
良かった~。
少しでもいい状態で新しいお家へ行くことできる・・・。
安堵でした。
里親様も、2日に一度ほどお電話をくださり、リンの様子を聞いてくださっていました。

最後の夜、リンをフロアに出してあげました。
それはそれは楽しそうにフロアを闊歩。
rin3.jpg
rin12.jpg

「明日からは自由だからね」
そっとリンに話しかけました。
猫は本来マイペースなので、自由を好みます。
だから、広いお家でのびのびと暮らせるところ・・・。
やっと今日、おうちの子になれて本当に良かったです。

rin11.jpg
里親様、リンちゃんをおうちの子にしてくださって本当にありがとうございました。
先日お電話をいただいた時に、リンちゃんがキャットタワーに登っていた事をお伝えしましたが、
今日お迎えに来てくださったときに「あれからキャットタワーを買いました」と言ってくださり、本当に嬉しかったです。
まだまだ本調子ではありませんが、きっと暖かいお家での生活で、見違えるほど綺麗で元気になってくれると思います。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

rin8.jpg
リン、よかったね。
元気でね。

リンちゃんの名前は・・・。
そのまま 「リンちゃん」 です
そして、行先は宝塚市です。

では。


新メンバーが来ました(ワン81期生)

こんばんは。
今夜、新しいワンちゃん81期生3頭がカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃん

福くん ロングコートチワワ ♂   2011年頃生まれ(推定6歳)  2.4㎏ 色:クリーム
fuku001.jpg
チョー可愛い小っちゃなチワワちゃん。
fuku008.jpg
fuku005-1.jpg
人懐こいし、抱っこも大好き。
仕草も何もかもが可愛過ぎです。
ちょっとやんちゃなところも可愛くて・・・。
お膝をカリカリしたり、ピョンピョン抱っこ要求。
fuku002.jpg
fuku006-1.jpg
甘えたさんですよ
fuku004.jpg


ゴローくん トイプードル ♂   2012年4月1日頃生まれ(5歳)  1.7㎏ 色:レッド
goro007-1.jpg
1.7キロの極小トイプー男子。
goro006.jpg
抱っこしてほしくて自分から寄ってきてくれたりして、
小さな身体と童顔が母性本能をくすぐるタイプです。
goro002.jpg
好奇心も旺盛。ちょこまかとくまなくフロアを走り回る姿もキュート。
goro001.jpg
その時、ちっちゃなお耳もピョンピョン揺れてとってもかわいいです。
goro004.jpg
goro003.jpg
もちろん抱っこ大好きの甘えたさんです


シューくん パグ ♂   2007年8月1日頃生まれ(10歳)  8.9㎏ 色:フォーン
shu006-1.jpg
初のパグ男子。
愛嬌たっぷりの穏やかな男の子。
shu004-1.jpg
shu001.jpg
人にはグイグイ近づいてきてくれるフレンドリーくん。
shu002-1.jpg
shu003-1.jpg
人もワンちゃんも大好きです。
おとなしいので、持てれば抱っこも可能です(笑)
shu005-1.jpg
美男子です

新しいワンちゃんが3頭増えて、カフェでは8頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」


保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。

またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

では。


ジュニアくんの里親様が決まりました!

こんばんは。
今日、ミニチュアシュナウザーmixのジュニアくんの里親様が決まりました

ジュニア006

里親様は10日ほど前に、ご家族一緒にカフェにジュニアに会いに来てくださいました。
その時のジュニアくんといえば・・・。
休日のカフェ。
ほとんど満席に近いお客様の中で・・・。
ワンちゃんを連れてきてくださったお客様もたくさんいて、賑やかにワンワンと大きな声で鳴いて過ごしていました。

先日、パフちゃんが卒業した時にお伝えしていましたが、ジュニアくんは飼育放棄。
しかも、元飼い主さんが急逝していて、その飼い主さんに身寄りがなかったとのことで管理人さんに届けてもらった・・・。
そうお聞きしていました。

まさにジュニアにとっては青天の霹靂。
予期せぬ事態に、どうすることも出来ずに保護され、川西にやってきました。
とにかくよく吠える。
そう診断書に書かれていたジュニア。
生まれた年さえわからない状態でした。
私も最初はどうしてあげていいのかわかりませんでした。
「一週間だけ様子を見てあげてほしい」
そう、ボランティアさんにお願いして様子を見ていました。
甲高い声で鳴く。
鳴き続ける。
ご飯も拒否。
ケージも拒否。
名前を呼んでも振り向きもせず。

それでも1週間を過ぎるころ、少し落ち着いてきました。
少しづつ状況をわかったのでしょうか。
甘えたで、抱っこしてもらうとゴキゲン。
ジュニア002
でも誰にでもというわけではないのです。
自分で甘える人を選びました。
きっと、それは元飼い主の面影と重ねていたのかもしれません。
ジュニア001
懐き、姿が見えなくなると激しく吠えました。
いなくなる不安。
それだけは忘れないのだと思いました。

そんなジュニアを見てくださった里親様のご家族。
それでも…引き取りたいとおっしゃってくださいました。
ジュニア005

実は・・・。
ご家族で来られる前に、一度お母さまだけでジュニアを見に来てくださっていました。
先月、ミニチュアシュナウザーを亡くされていました。
寿命まで生きれなかったガッツくん。
ガッツくんを亡くしたお母さまと、飼い主(お母さん)を亡くしたジュニア。
何かに引き寄せられるように、カフェを訪ねてくださったのだそうです。
その上で、ご家族を連れてきてくださったお母さま。

ご家族全員が、ジュニアの事を気に入ってくださいました。
ただ、ご都合で10月下旬まで引き取れないとのこと。
それまでほかに決まらなければ・・・。

そう祈り続けていらっしゃったそうです。
何件か引き合いはありました。
でも・・・。
ほかに決まらなかったジュニア。
ご縁が繋がりました。

今日、決まった時のジュニアは楽しそうでした。
お母様のお膝に乗ったりしてました。

「きっとジュニアの元飼い主さんは、ジュニアを残して逝くことが心残りだったと思います。良い飼い主様が決まって本当に良かったです。」
そうお伝えしたときに涙ぐまれた里親様。
その命のバトンの意味をご理解くださったからだと感じさせていただきました。

ジュニア003
ジュニア。
ほんとに良かったね

卒業は来週の予定です。

ではまた。

バービィーちゃん、パーティちゃん卒業しました

こんばんは。
昨日に引き続き、今日も2頭のワンちゃんにご縁が繋がり無事卒業となりました

バービィーちゃん
barby0003.jpg
里親様はこの2か月ほどの間、週一カフェに通ってくださったご家族です。
いつもお母さまと息子さんとでカフェに来てくださっていました。
ワンちゃんを飼いたいと思っておられるお母さまに付き添って来られていた息子さん。
ワンちゃんを抱っこして楽しそうに過ごされているお母さまの隣には、いつも息子さんがいました。
その光景がとても暖かでした・・・

そのお母さまがバービィーちゃんに会いに来られたのは土曜の朝一番。
お友達と一緒に来てくださいました。
その時、いつも一緒にいらしていた息子さんの姿はありませんでした。
たまたま、お仕事だったとのことでお友達と過ごされていた里親様のお母様。
barby0002.jpg

とてもとてもバービィーを気に入られたお母さま。
でもその日は、息子さんがいらっしゃらなかったため、再度今日カフェに来てくださいました。
もちろん息子さんと。
お嬢様、お嬢様のご主人もご一緒でした。
いろいろお話をさせていただき、そしてご契約完了。
バービィーとのご縁が繋がったことに、とても嬉しそうな笑顔をされいていたお母さまの笑顔が素敵すぎて・・・。

いままで何度もカフェに来てくださっていたのに、つながらなかったご縁。
2か月近くかけて、遂に、やっと、運命の子と出会ってくださいました

バービィー。
barby0004.jpg
そのルックスと人懐こさは、まさに鉄板。
真っ白な雪のような毛でおおわれたバービィーは、まさにお姫様のようでした。
気が強い・・・と言われるマルチーズ多くみられる性格とは少し違っていて、おっとりタイプ。
抱っこされると、ゴキゲンでうとうと・・・。
また、後ろ足を伸ばしてぺったんこに寝転んだ姿は、愛嬌たっぷり。
barby018.jpg
そんなカフェデビューの2日間でした。

たった2日でお家が決まったバービィー。
おめでとう
これからはゆっくりまったりと過ごせるお家で幸せにね~。

barby0005.jpg
里親様、何回もカフェに来てくださり本当に感謝しています。
やっと出会い、お家に迎えていただいたことは私自身もとて嬉しく思っています。
どうぞ末永くよろしくお願いいたします。
また、ぜひ、今度はバービィーと一緒に遊びに来てくださいね。


バービィーちゃんの新しい名前は・・・。
「リリーちゃん」 になりました
barby003.jpg
そして行先は尼崎市です。


パーティちゃん
里親様は明石市から来られたご家族です。
party0001.jpg

里親様がカフェに来られたきっかけはNHK神戸の放映。
放送を見られて、川西にカフェがあることを知り、気になっていたので先週来てくださったそうです。
その時すでに、パーティちゃんを見つけていたとのこと。
お嬢様は帰られてから、密かにお家では「チョコちゃん」と名前を付けて、気にしておられたようです(笑)

今日、再度お母さまと一緒にカフェに来てみると、まだパーティちゃんは里親が見つからずにいた。
party0002.jpg
それで、これは運命と思い、引き取ろうと思った・・・。
ご契約の時、そう明かしてくださったお嬢様。
party0004.jpg
その隣には、お母様に抱っこされてうとうと眠るパーティちゃん。
安心しきったその様子に、私自身も安堵させていただきました。

1週間決まらずにいたこと。
暖かで穏やかなご家族の元へ行くことができたこと。
一年前に先住犬のヨークシシャテリアを見送られたご家族にとって新しいワンちゃんとの出会いは・・・。
運命の出会いだった・・・と信じています。

里親様。
party0005.jpg
遠い明石市から2週連続で来てくださり、本当にありがとうございました。
こんなに可愛いパーティちゃん。
今までの例ではすぐに(2~3日で)里親様が決まるはず・・・。
そう思っていましたが、
予想に反して残っていてくれたのは、きっと里親様との赤い糸が繋がっていたためだと思います。
出会っていただき、とても感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

帰られてから送ってくださったメールには・・・。
元気で力強い笑顔が映っていました。
party0006.jpg
「カフェにいるときよりかなり活発に動いています」
とのこと(笑)

パーティ。
おめでとう
いっぱい甘えて、いっぱい可愛がってもらって、幸せにね~
party0003.jpg

そして、新しい名前は・・・。
やはり・・・。
「チョコちゃん」 になりました

ではまた。